So-net無料ブログ作成
検索選択

蔵・・行きます。

さ~て、またまた、「蔵」復元工事。。

昨日、刻んだ(合端)した刻み袖からの取り付けです。↓DSC06055.JPG

あっちの方で、お馬さんが見ています。。

じゃ~ん!!↓DSC06053.JPG

写真が下手で、申し訳ありません!!↓DSC06056.JPG

ビシッ!っとシンメトリーに取り付けまちた。。

刻み袖は、下端の線は、もちろんのこと、手先の線も、特に注意しなくては

いけません!!

むやみに、はぐませたり、極端に、返したりしてはいけません!!

癖をも、味方に付けた、落としどころの、ラインで、取り付けます。。

これを、世間では、ガイドラインと呼んでいます。。

ん??違うか??(笑)

[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]やりすぎちゃってるなぁ??

ま、日の短い中。。軒先(淡路ツヅ入り)と、桟瓦DSC06059.JPG

そちて、雪止め瓦を、タガネ・サンダー・ダイヤモンドシェーバーで、

ご覧のように、絶妙なタッチで、すり合わせ中。。↓DSC06058.JPG

種類の違う、瓦同士を、仲良くさせてやるのも、我々瓦職人

お手手です。。

ほんの一手間、これを、惜しんでいるような輩が、瓦を語るのは、

あんまり、かんばしくないと、僕は思います。。

↑おいおい・・・急に僕かよ・・・・(笑)

ま、いいや。。。明日は、平葺きに突入です。。

ガンガン行きますが???「足詰め」って作業してから?しながら?の

取り付け予定ですので、ちょいと、お時間がかかる事が予想されますが??

200年後を見据えた、1日2日。。この手間が、重要です。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。