So-net無料ブログ作成
検索選択

蔵の復元始めました

さ~て、本日より、蔵、瓦工事、始まりましたぁ。。

今回の蔵は、築、江戸時代。。の物件です。。

江戸時代の、蔵の特徴は・・・材料(材木)が、案外質素な物件が多いです。

質素と言えども、今の建築とは、比べ物にならないですけろ・・・(笑)

明治・大正・と時代と、共に、重厚化が、エスカレートして、

材料も、職人の、技術も、進化していていったのでしょう。。

過去の建物。。。

同じ古くても、昭和初期も、古い。大正も、古い。明治なんか、

も~っと古い。。ましてや、江戸時代なんか、も~っと、も~っと古い(笑)

蔵の復元工事に携わっておりますと、時代考証。。。

ビンビン感じられます。。

ま、むじゅかちいお話は、さて置きまして・・・今日は、軒瓦取り付けて

来ましたぴょ~ん!!↓DSC06026.JPG

使用瓦は、淡路、ツヅ入りです。。

こ~んな感じに、瓦当に水糸はって、取り付け中↓

DSC06027.JPG

そうそう、この、漆喰の波型紋様。。。これは、江戸時代の蔵に多い

デザイン。。。これは、垂木隠しです。↓DSC06028.JPG

破風や、鼻隠し、が、出来る前の、手法です。

そう、お城等にみられる技です。。参考写真

Siro_1610_Ueda01.jpg

この壁も、当時のままに、名人左官が、復元の予定です。。

当社の瓦工事は、↓DSC06029.JPG

こ~んな感じに、進行中。。

後は、刻み袖、合端しましてからの登場予定です。。

んじゃ。。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。