So-net無料ブログ作成

25年ぶりに完成!。

本日、当社、山田瓦店は、平成25年仕事納めとあいなりました。

思い起こせば、平成元年当社施工の、物置屋根。。

遅ればれながら、ギリギリで完成!です。。

完成まで、25年かかってしまいましたぁ。。(爆)

工事途中の、写真をば・・・・↓

DSC06188.JPG

当時、トタン屋根だった部分の、増築ならぬ、減築(笑)部分に、

瓦を葺きまして・・・・創建当時の、お姿に戻してあげまちた。。

この物置。。昔の蔵を移築いたしまして、八十年。。

創建当時は、江戸時代。。の、物件です。。

ちょうなはすりありーの、竹木舞ありーの。。。丸太の棟木

丸太の小屋組み。棟木。。。いい感じなんです。。

さ~て、お仕事の方は・・・・

25年前の、私に挑戦!です。(笑)

25年前の俺に負ける訳にはいかないので・・・・

この当時、銅線大回しが、主流の時代。。

だいち瓦に穴、空いてないし。。。(爆)

土の置き方。熨斗の据え方。手の感触。。

ここで、上手下手が、わかれる瞬間です。。

今の時代は、やれ!針金。やれ!ビスだ!訴えてますが??

この感触がわからない奴が・・・・能書きたれても・・・・

無意味で、ナンセンスなお話。。。

んでも・良かれと思う事は、まだまだ、追求する意欲で、

こ~んな事やってます。。↓DSC06189.JPG

穴っこあけて、針金縛り。。。。

んで、ちょい反りの軒。隅。をば、リベンジにて、既存瓦で、

復旧中。。。

25年後の私は・・・こ~んな感じに棟積み中。。DSC06191.JPG

注目すべきは、この棟糸。。。DSC06192.JPG

UPで・・・↓DSC06193.JPG

これは、鉛の入った、重り糸です。

これで、自然に、微妙なラインが描けます。。

25年前の、私は、持っていませんでした。。(爆)

DSC06197.JPG

んで、絶妙の、微目地切って、施工中。。

キューっていって、ボワ~ん!って、感じ。。

わかる人だけ、わかるお話。。。

DSC06200.JPG

最後の、葺き止め箇所・・・・・↓DSC06196.JPG

25年ぶりに、完成!だぴょ~ん!!↓

DSC06199.JPG

DSC06203.JPG

これにて、当社山田瓦店は、今年の仕事納めです。

いつも、私のブログをご覧下さっています。良い子の皆さん!!

ありがとうございました。

四半世紀にわたりまして、一つの屋根の完成!!

目先の欲に騙されないで、一本!筋の通った仕事。。

常に心がけて、来年も、頑張る所存でございます。。

今年1年も、ブログを覗いて下さいまして、、ありがとうございました。。

良いお年を、お迎え下さい。。ね♪


物置下屋根瓦工事

本日から、物置下屋根の、瓦工事です。。。

今年最後の現場に、なりましたぁ!。。

この、物置。。上屋の葺き替えは・・・・・・

かれこれ、四半世紀前。。当社施工の、お宅です。。

じゃ~ん!!↓DSC06179.JPG

25年たっても、当社ご指名です。。

思い起こせば、あの当時は、お施主様も、私も、共に若かったですね♪

っと、昔話。。。

どおぢて?この、下屋根が四半世紀たった今なんでしょう。。

それは、この当時、この下屋根部分を、トタン(鈑金)で施工した

からです。。

ちょーっと、下屋根部分を、大きく取りたい為の、苦肉の策でしたが??

25年もたつと、当時のトタンは、錆びが・・・・

ちょーっと、遅いですが??ペンキ塗り替えの時期。。

当時の、増築部分を撤去いたしまして、昔のままの原形に

戻す作業です。。

山田さんが、葺いた屋根は、震災にも耐え、

トタンと違い、輝いています。。っと、お褒めのお言葉

をいただきまして、再登場です。。

今回、今はなき窯元。地元埼玉深谷瓦の単窯製品に対抗いたしまして、

これでいきます・・・・↓DSC06183.JPG

ん~!!ピンボケ(笑)ですが??

淡路、単窯製品「かわら美人」で、合わせます。。

四半世紀前の20代の私(笑)に挑戦です。。

ほ~んのりの軒反りも・・・・↓

DSC06180.JPG

まっ。今の俺の勝ちは、決まっていますが??(爆)

器量目一杯で、25年ぶりの完成を目指します。。

25年前の私の作品も、今となっては、反省の箇所、多々

ありますが???(笑)

瓦で良かった。。俺、瓦専門の屋根屋で良かった。。

こ~んな感じに、施工中。。↓DSC06184.JPG

DSC06185.JPG

これを仕上げて、今年の仕事は、終了予定です。。

んじゃ。。


スペシャル鬼瓦

昨日から、後輩RED君のお手伝い。。

本日、平葺きが完了!いたしましたぁ。↓

DSC06170.JPG

↑こ~んな感じの、平屋建て住宅です。

ちょーっと離れて見てみましょう。。↓

DSC06172.JPG

実は、増築。。本体は、今年、葺き替えられております。。

RED君の、仕事ではないようで・・・・・他社施工らしい。。↓

DSC06174.JPG

ここで、問題です。。

一軒のお家。。元請け業の違う物件。。

ここで、俺だったらを出したい所なんですが??

ある程度、尊重しなければいけない現実。。

後出し、じゃんけんなら、勝てるのは、当然ですが??

ここは、トータルバランスを、考えてあげなければ、

お施主様が、迷惑です。。

我慢して、同じメーカーでそろえてあげるのも、職人の、器量です。

勝った負けたは、2の次。。

今回、既存屋根に使用の、鬼瓦は・・・・・↓DSC06174.JPG

「雲」

ここで、カエズじゃ、バランスが、似合わない。。。

ここで、相談がありまして、鬼瓦??どうしましょ??

ただの、雲鬼じゃ、つまらない。。。

そうだなぁ!これなんかどうだい!!??

ちょーっと、つり合いを意識しつつ、私の提案。。。

ズバリ!!これだ!!じゃ~ん!!↓DSC06175.JPG

↑♪スペシャル鬼瓦~ぁ♪!

ま、こ~んな鬼瓦です。。じゃ~ん!!↓DSC06176.JPG

 同じ雲鬼でも、ちょ~っと、気の利いた鬼瓦です。

しかも…台まで、付いちゃってるし・・・・(笑)↓DSC06177.JPG

そう、こ~んな感じです。裏側・・・・↓DSC06178.JPG

問題は・・ちょ~っと建てづらいのが、難点です。(爆)

ま、バランスをも考え・一歩上の選択。。

ここが、後出しじゃんけんの強み。。

ま、後だし、じゃんけんで、負ける奴も、多いですけろね♪

グウ出されて、チョキ出しちゃう奴。。

チョキ出されて、パー出しちゃう奴。。

ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

後だし、じゃんけんは、勝って当然。。 バランスを考えてあげないと

ダメですね♪((*´∀`))ウキャキャ


大粉戦中。。(笑)

さ~て、昨日からの、物置屋根工事。。

本日、平葺き。。地割りが悪い。。。

俺の言う通りの寸法でなければ、葺いてやんねーぞ!!

っと、超自分勝手なお洒落な屋根。。。ですが??

境界線が邪魔をします。。まさか?美感の為、お隣さん家に

オフサイド(笑)。。って訳にもいかず・・・・(爆)

今回、妥協線での仕上がり。。

元請け、PTA会長さんの、配慮です。。

こ~んな歩み寄りってのも必要ですね♪

ま、私は、単なる助っ人。。です。(笑)

しかし、我々は、妥協いたしません!!

美を追求するなら・・・・・↓DSC06159.JPG

↑ご覧の通り!すべて、7厘の総詰め。。っと言う結論に達しました。

ほ~ら!この切り粉↓DSC06160.JPG

正しく、大粉戦中(爆)↓DSC06162.JPG

これを、ブロアーで吹き飛ばせば、瓦美人が、

絶世の美女になります。

無駄な手間は、かけたくない主義の、お洒落な屋根ですが??

こ~んな事情での一手間は、惜しみません!!

調整桟で逃げるような事はしたくないですもんね♪

瓦に惚れれば、とことん、事前に寸法打ち合わせ。。

なんとかなるものでしたら、なんとかしてもらいます。

このような、場合でも、いかに美しく見せるか??

ここんとこが、わからない連中が瓦とは・・・を語ってほしくない。。

ほ~ら!!こ~んなに綺麗に出来ました。。

じゃ~ん!!↓DSC06163.JPG

ありゃ??真っ暗じゃん!!(笑)

見せびらかせたいのに、日が暮れてしまいまちた

DSC06164.JPG

あと、紐熨斗2段。丸被せ。。は、元請けPTA会長さんに

お任せいたしまして、私は、次なる現場へと向かいます。。

美感の共有。。大事にしたいですね♪((*´∀`))ウキャキャ


今日は物置屋根

私の今日の仕事は、物置屋根工事です。。

使用瓦は、いぶし瓦淡路56判切り落ち。。使用

ちょ~っと、小ぶりな瓦です。。瓦桟木打って、とりあえず、額縁。。

唐草・ケラバ・取り付けまして・・・・・↓DSC06151.JPG

DSC06152.JPG

淡路の万十軒は、たかが、万十。されど万十で、くっきりしていて、

かっくいいです。。

何処かの、栗饅頭みたいに楕円形ではありません!!(爆)

明日は、いよいよ平葺きですが??地割りが悪い!!

ギッツンギッツンの総割。。サンダー片手に、一気に葺き上げる

予定です。。

本日は、桟瓦、持っていかなかっので、こ~んな作業して、

仕舞いです。。↓DSC06156.JPG

DSC06153.JPG

DSC06154.JPG

はい、棟瓦(紐熨斗)の、針金縛りです。。

明日は、平葺き。。

たかが物置・されど物置って感じに仕上げる予定です。。

ちょ~っとした一仕事。。時間があれば写真[カメラ]撮ってきます。

んじゃ。。。


蔵の屋根完成いたしました。

本日、蔵の瓦屋根工事が、完成!いたしましたぁ。

屋根足場も取れまして・・・

とりあえず、写真をご覧下さいませ。。

じゃ~ん!!↓DSC06126.JPG

DSC06136.JPG

DSC06140.JPG

棟は、当社得意の青海波。。。

ここ数棟、このパターンで、施工していますが??

ワンパターンだ!と、言う人もいると思いますが??

全然、別の地・別のお宅。。。

今現在の、私、お洒落な屋根が、想定するに、このパターン

正しく・黄金比率なんでしょうね♪

家の蔵も、あの形で、お洒落な屋根さんに

お任せいたします。。

あと、1段、多くてもダメ。少なくてもダメ。。

ベタ積みでも、もちろんダメ。。味が出ない。。

ま、言うなれば、究極の、オリジナル棟柄なのかなぁ??

細部も、ご覧下さい・・・・↓DSC06131.JPG

DSC06134.JPG

DSC06128.JPG

 あっ!私のブログをご覧下さっています良い子の皆さんの為に、

ちょいと、ヒント書いときます。。↓

大面片付け紐熨斗で、踏んばらせまして、天神薄紐熨斗の、

絶妙なる目地積み。。んで、青海波。。。

更にその上に、薄紐熨斗2段目地積み

そちて、冠瓦は、角桟の紐丸で、アクセント付けて、〆ます。。DSC06138.JPG

良い味出してますでしょ?

そだ!!いぶし瓦。。夕焼けの茜空にも、違和感なく、染まります。。DSC06142.JPG

遠くの方で、日本一の富士山も、・・・・・DSC06149.JPG

応援してくれていたおかげです。

不変の形。。黄金比。。大事にしたいですね♪

本日、蔵の屋根が仕上がって、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]が、旨い!!

超ご機嫌な、お洒落な屋根です。。((*´∀`))ウキャキャ


こ~んなプレゼント

我が、関東地方、一昨日から、[雨][雨][雨]が、降り続いています。

仕事には、なりませんが?

[雪][雪]にならなかったのが、幸いです。本日、蔵の屋根。。お天気具合も、

心配でしたが??[雨]間みながら、強行手段!!に出ましたが??

土砂降り喰らっちゃいました(笑)

雨仕舞して、仕舞いの準備です。。とりあえず、ここまで、はかどっています。。

じゃ~ん!!↓

DSC06114.JPG

DSC06115.JPG

DSC06113.JPG

DSC06116.JPG

あと少しで、完成!予定です。ご期待下さい。。ませ。。

帰り道に、例の文庫蔵のお宅にお邪魔いたしました。↓DSC06117.JPG

蔵は、かっちょいいよね♪

雨に濡れた、いぶし瓦も、味がありますでしょ?

本日、お邪魔したのは・・・・・・・これを、見学に・・・・↓

名人左官からの、こ~んなプレゼント・・・↓DSC06118.JPG

以前使用されておりました、鬼瓦を・・・・

漆喰影盛りにて、復元。。↓DSC06122.JPG

これも、歴史。。お施主様、大喜び。。

影盛り鬼瓦の原型。。ここにあり!!って感じの仕上がりでした。↓DSC06123.JPG

銭金だけのプレゼントではなく、技術・歴史のプレゼント

最高に、かっちょよかったです。

仕事も、技術のプレゼント。。誰が塗っても、同じ。。誰が葺いても同じ。。

じゃ、つまらないですね♪((*´∀`))ウキャキャ


鬼瓦座りましたぁ。

蔵の工事も、いよいよ、棟積みに突入いたしました。

影盛り鬼瓦の、台を勾配合わせをして、取り付けまして↓

DSC06096.JPG

片付け紐熨斗で、1段目踏んばらせまして施工中。。

DSC06099.JPG

んで、昨日、組み付けておきました、鬼瓦を。。

取り付けました。。↓

DSC06103.JPG

DSC06104.JPG

じゃ~ん!!↓DSC06105.JPG

ばっちり座って、ちょいと、ご機嫌なお洒落な屋根。。

DSC06107.JPG

明日が、満月の、お月様も、顔を覗かせ、応援してくださいまちた。。

とさ。。。

明日、続きをやります。。んじゃ。。


今が旬の土壁。。

今日は、以前施工させていただきました蔵。。に参上です。。DSC06076.JPG

そう、あの、不覚にも、いぶし銀の左手を、負傷してしまった

現場です。。

本日の参上は・・・・↓DSC06078.JPG

この、下屋根の、マネギ鬼瓦の、微調整です。

この、一枚破風板の、行きっ放しの招きの場合。。

折り返し・まねき箇所の勾配を、微妙に緩くする工法がとられます。

そう、同勾配ですと、短い分だけ・目の錯覚により急勾配に

感じられるからです。。

お手手の爪も、生え変わりまして(笑)いよいよ本決めに登場いたしましたぁ。

下では、名人左官が、土壁を塗っています。。↓

DSC06080.JPG

DSC06081.JPG

DSC06082.JPG

DSC06083.JPG

↑これは、蔵の内装です。。

通常ですと、蔵は、外壁だけだけのものも、多いですが??

この蔵は、内装も土壁。。。これは、返し壁と言う工法です。。

外壁だけで、竹木舞が見えていれば・・・まだ、ましですが??

このような、返し壁をつける場合は、時期を選びます。。

そう。「寒壁」(かんかべ)って奴です。。

湿度の少ない、今の時期が、ベスト。。「今が旬」だそうです。

1分1秒でも、早く、急激に乾燥させる。。これが、後々、竹木舞・荒縄・

ワラビの蔓の縄・藁・等に、優しい時期です。。

例えば、入梅時期等の、湿度の多い時期に、このような作業致しますと、

竹木舞・藁等は、腐り、長持ちしないのが自然の原理。。

今回・いたんだ木舞もかき直しまして、↓

DSC06084.JPG

DSC06085.JPG

外壁・内壁(返し壁)の繰り返し・・・・で進行中。

そうそう、この竹。。縦は、昔っからのまま。。。

横竹だけ補修したのです。。

痛んだのは…横竹が、ほとんど。。。

水の浸入・結露等で、横は、傷む

ここんとこ踏まえての挑戦!です。。歴史がもの言ってますから・・

あっ。そだ!今のガイドラインの横鉄筋。。。は、絶対に、ダメ!!

100年後・200年後なら許せますが?

誰か、年配者が、教えてあげないとですね♪

そう、昔懐かしい…これ・・・↓DSC06088.JPG

土こね土練機。。

土こね世代が、正しい事言わなけばこの業界はない!!

欲ったかりのアンポンタンの綺麗事だけじゃ、

この業界は、ダメですね♪

瓦製造も、天日干しの時代から、を、語らないと、ダメですね♪

温度・湿度・時期・旬。。。

寒壁の荒壁・にも言えるように・・・

荒地・白地・青い・あぜもん・あぶり。。等。。

旬を加味した、絶妙な、職人技。。忘れてはいけませんね♪

ぐれた能書きこく奴は、これを忘れています。。これすらわかりません!!

いつも通り。何書いてるるんだか??わからなくなっちゃいましたけろ・・

ま、んな訳です。。(笑)

あっ!そだ!このたび…この、四方転びの、水屋?ん?井戸屋。。↓DSC06087.JPG

復元工事の、ご依頼です。

ベタ万で、スッキリ行くか?蔵との、調和を図って、

ツヅ入りで行くか??ま、私にお任せコース。。

とことん、悩めば、夢に出てくるタイプ。。(笑)

こ~んな経験。って、皆さんも?あるでしょ??((*´∀`))ウキャキャ


どうしょうもない。。(笑)

今日は、マジで、ここ近年多い。。

銅板本谷の取り換え工事です。。↓DSC06073.JPG

築25年、瓦は、埼玉産、ハイ白バー(笑)

剥がした銅板は・・・・↓DSC06069.JPG

微妙~に、雨だれ付近の、赤裸。。。

裏側は・・・・↓DSC06070.JPG

雨漏り跡の発見!!

こ~んな感じに、復旧いたしましたとさ・・・・↓

DSC06072.JPG

めんどくさい割には、たいして、変わり映えのしない工事。。。(笑)

こ~んな工事も、やっています。。

一生物・満願物とうたわれた、「銅板」神話。。。

ダメだこりゃ。。どうしようもないですね♪(笑)

さて?銅しましょ??((*´∀`))ウキャキャ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。