So-net無料ブログ作成

いしくらさぶろう(笑)

私の、今日の仕事は・・・・石倉三郎・・・ん??

実は…今度は、こーんな感じの、石蔵です。↓DSC05785.JPG

そう、大谷石で、造られた、石蔵(いしぐら)の屋根葺き替え工事です。

DSC05786.JPG

蔵と言ったら、お洒落な屋根大先生。。(笑)。っと言う事で、

仕事仲間の、後輩RED君の、お手伝いです。

家の方では、石蔵は、比較的、歴史が浅く、昭和になってからのもの・・

現に、既存瓦は、復元に値しないものでした。

自分のイメージで、葺き替えてOK!なんじゃないの??

っと、ポ~ンと!肩を叩いてあげて、ワンポイントアドバイス。。。

ってな訳で、こ~んな選択とあいなりなちたぁ。

蔵としては、コンパクトサイズ。。。

んで、使用瓦は、これ・・・↓DSC05788.JPG

53判ではなく、ちょーっと小ぶりな、淡路56判切り落としを、

5寸足にて・・施工予定。。

次は、軒瓦・・・・今回は、これでいきます。。。↓DSC05787.JPG

通常より、玉の大きな(3寸5分玉)を使用。。

ここで、インパクト付けることにより・・・本葺きに値する豪華さが出ます。

小さい建物なら、小瓦。。と言うようなものとはちょいと違うんだなぁ!

ま、話せば長くなりそうなので・・・・じゃ~ん!!↓DSC05792.JPG

こ~んな感じに、施工中DSC05793.JPG

んで、袖瓦も・・・・↓DSC05794.JPG

こ~んな感じに、合端中。。そう、ここまでやって、寸法を出して、

お家に帰って、「刻み」。。って作業に取り掛かります。。

この蔵に使用の刻み袖瓦は・・・・これ↓DSC05797.JPG

通常の刻み袖より、細かい葺き足。。。↓DSC05799.JPG

下が、通常の刻み袖。。。今回は、コンパクトサイズの為。。

バランスを考えまして…・上の瓦で、いきます。。

葺き足、3寸7分。。通常の、4寸7分より、1寸(約3センチ)細かい奴で

刻みます。。

石の蔵。。。入口付近の、石の組み方なんかも、勉強になりますね♪

DSC05800.JPG

ま、私の事を、今後、蔵屋さんて、呼んで下さい。。

ギャハハハ!!☆ミヾ(∇≦((ヾ(≧∇≦)〃))≧∇)ノ彡☆バンバン!!

って、ここ、蔵の工事位しかないお洒落な屋根。。。(爆)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。