So-net無料ブログ作成

台風一過

台風[台風]18号も、本日、お昼過ぎに通過いたしましたが???

かなりの爪跡を残してくれちゃいました。

朝から、[携帯電話]が、鳴りっぱなし。。

そう、本日未明に発生いたしました竜巻被害です。

埼玉・熊谷。。私の住んでるお隣の町。。現場は、車で、15分程度。

雨が止んだので、応急処置。。↓DSC05339.JPG

ここの場所、竜巻直撃DSC05337.JPG

DSC05338.JPG

DSC05341.JPG

DSC05342.JPG

DSC05344.JPG

DSC05346.JPG

日テレも、取材に来てました。

ヘリコプターも、飛んでます。。

DSC05347.JPG

DSC05348.JPG

DSC05350.JPG

DSC05351.JPG

ちょっと、広範囲に及んでいます。。

竜巻被害の屋根修理は、地震被害より、ぐっちゃんぐちゃんの為。

ちょいと、しんどいです。(経験者は語る)

真空状態で、ひねりあげられるので、変な力が働くのです。

古いから、新しいから、瓦だから、瓦じゃないから、

重いから、軽いから、んな事は、、どうでもいいちっぽけな議論。。

ピーク係数なんて、もってのほか。。(笑)

自然の力は、恐るべし!!

ま、とりあえず、順番で、復旧いたします。。ので、お待ち下さいね♪


雨漏り修理。。業者をお選び下さい

台風[台風]18号の進路が気になる所。。。ではございますが??

本日、雨漏り修理を依頼されておりました、現場。。

台風前に、にゃんとか間に合いましたぁ。。

じゃ~ん!!↓DSC05318.JPG

使用瓦は、約40年前に、流行った、赤褐(こうかつ)

はい、赤瓦です。ちょうどその次の時代の青瓦 青緑(せいろく)が、

入り乱れた、建売住宅団地。。。

ガンガン剥がしまして・・・・・DSC05317.JPG

積み替え準備です。

当社の場合は、穴の空いてない瓦に、穴っこあけて、ブラッシングして、

綺麗にしつつ、針金を通しながら、順序よく、剥がしていきます。

これは、先の東日本大震災の修理で、体で学んだ、最善の策です。

ぐっちゃんぐちゃんに剥がして、やれ、積み替えは、手間がかかる。。。

等、ほざいている連中は、段取りが悪い。。

段取りの悪さを、手間賃に換算するのは、職人としては、

やってはいけない事。。。そこんとこがわからないと・・・・

さて、雨漏り・・・・とりあえず、外傷は、なし(瓦の欠け等)

ここで、プロの診断。。。。

だいたい、プロなら、わかるはず・・・・

見て、ご覧の熨斗勾配↓DSC05319.JPG

DSC05324.JPG

DSC05326.JPG

DSC05327.JPG

この、逆勾配、下手糞施工じゃ、漏って、当然!!!

半瓦、入れ直して、ビシッと!積み替えてあげて、

雨漏り修理完了です。。

これで、また、しばらくは、雨漏りと、おさらばでしょう。。。

しっかし、ご近所のお宅。。。↓DSC05321.JPG

どおせ、このお宅と同じような納まりの、雨漏り。。。

すっかり、次なる、悪魔の手に・・・・・・・・

例の、ボンド屋。。。。↓DSC05322.JPG

あの構造に、ボンド、塗りたくっても、雨漏りは、

絶~対に、止まりません!!むしろ、ひどくなるだけ。。。。

こっちのお宅も・・・・↓DSC05323.JPG

当社の3倍から、5倍の金額を、請求したにもかかわらず・・・・

雨漏りとはおさらば出来ない、かわいそうなお宅。。。

屋根構造が、わからない、アンポンタン

重症患者に、絆創膏を、おっ貼って、中が、余計に、膿んじゃった状態。。

とりあえず、屋根をさかさまにしても、崩れない、

1Gには、耐えられそうですが?(笑)

根本的には、不合格。。

築40年。。。色はいずれにしましても、焼き瓦・粘土瓦・・・は、

良い業者が、最適なメンテナンスすれば、まだまだ、持つ、素材だという事

変てこな屋根材の、建売じゃ、ここまで、持たないでしょう。。。

良い素材の粘土瓦でも、ボンド塗りたぐられちゃ、。。。。。

ま、良い業者をお選び下さいませ。。

貴方のご判断ですから・・・・・(笑)

ん~ん!何書いてるのかわからなくなってしまった。。。。[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]

空気で、ご判断下さい・・ね♪(爆)


後付け、太陽光パネル

太陽光パネルを取り付けたら・・・・雀ちゃんが・・・

私の、今の仕事は、太陽光パネルを取り付けたら、雀ちゃんが

来るようになった。。。っと言う、お宅の、屋根修理です。。↓DSC05296.JPG

築、35年。。陶器瓦ハイシルバー53A。。

軒先は、この当時の雀穴漆喰納め。。。

これを、ガタガタ歩かれちゃったから、雀穴漆喰が、ポロポロ。。

のたくった、配線が、棟部に絡み、棟シックイも、ボロボロ。。(笑)

瓦に穴っこあけて、我々プロからすれば、痛々しい納まり↓DSC05294.JPG

瓦が、アッカンベー(笑)しちゃってるじゃん!!

今回、お施主様いわく、太陽光パネルを、取り付けたので、

パネルの元が取れるまで、瓦が持たねば。。。。っと言う訳で、

ご依頼の物件です。。。

にゃんだか?順番が逆のような気がいたしますが????(笑)

これも、現実。。。

太陽光パネル設置と、瓦屋根工事。。。

どちらが?金額が、高いでしょか??

新築の場合。。おそらく、太陽光パネルの方が、高い。。。

よって、主導権は、間違いなく、太陽光パネルの勝ち!!

悔しいけろ、これも現実。。。

そこんとこ、頭に入れて、取り組まないと、ダメですね♪

アンポンタンの綺麗事では、済まされない事。。

ま、我々瓦工事業者に出来る事。。。やってあげましょう。。

軒先メンド付けて、痛んだ、棟シックイの塗り替えです。。DSC05292.JPG

アッカンベーしちゃった箇所も、極力直してあげて、

施工中。。。。

パネル屋は、アッカンベーも、漆喰も、気にせず、設置。。。

今回、お施主様が、雀ちゃんに、気付いて、当社にご依頼されたから

まだ、良し。。このまま放置したら、雨漏りの危険性すらある

屋根でした。。

奴ら(太陽光パネル屋)は、賞味期限切れの、ボロニアル(笑)等でも、

平~気で、取り付けていくから、始末に悪い。。。

良い子の皆さんは、是非、お気を付けを。。。。

んな工事も、終わらないのに、当社、お洒落な屋根 山田瓦店は、

明日・明後日(9月10・11)と、我が深谷地区屋根工事組合の

研修旅行の為。誠に勝手ではございますが?お休みさせて頂きます。。

行先は、仙台です。。

よって、ブログも、お休みとさせて頂きます。。((*´∀`))ウキャキャ


蔵。準備

蔵の工事が終わりまして、次なる現場へと・・・・

しっかし、本日、朝から[雨][雷][雨][雷]雨。。お休みです。

んな時は、ちょいと、段取りをば。。。。

今度も、蔵の瓦工事が、決定いたしました。

是非、当社、お洒落な屋根 山田瓦店に、っとのご依頼です。

物件は、以前、お伺いをさせて頂きまして、

見積り、させていただきました、これ↓

DSC05211.JPG

築・大正5年。鬼瓦に刻んでありました。

鬼瓦も、影盛り。。ケラバは、刻み袖。軒先万十も、紐熨斗も、

もちろん、かきやぶりでの、手付け。。。

私の認識では、ここまでの進化は、昭和になってから・・・・っと

思っていましたが??蔵の完成形は、大正時代に出来上がっていたのですね♪

漆喰影盛りから、影盛り鬼瓦。。熨斗も、紐漆喰から、紐熨斗。。

ケラバ漆喰から、刻み袖。。。

そう、先輩瓦師が、左官漆喰に、対抗して、挑戦!した、

賜物です。。後日、その、努力の跡を、お見せいたします。

これを、ただ、古い!だけで、片付ける事が出来ないお洒落な屋根です。

お宝の山だよ!!

屋号の入った、花深(はなぶか)写真↓DSC05287.JPG

そう、字入り巴・名入れ巴の事を、花深と言います。。

この花深も、その昔は、左官職が、後から付けたものです。

だから、このように、スーパーカブ号の、ライトのような形(笑)は

そのなごりです。。DSC05288.JPG

DSC05290.JPG

これも、復元してやります。。

大正5年。。左官職人VS瓦師の、ビンビンオーラを感じる時代の

屋根です。。

下屋根は、53判面取りにて、葺きかえられちゃってますが??

もう、すでに、ぐちゃぐちゃ。。

修理で良いとの、ご依頼ですが?こんなくらいなら、

俺が葺き替えちゃってやります。。(笑)

後、こちらのお宅の蔵も・・・・決定成立いたしました↓m_DSC05120-5ee83.jpg

m_DSC05122-cd456.jpg

蔵の復元は、お施主様と共に、歴史のお話が出来る職人に

頼むのが、ベストですね♪

あっ!お手手裁きは、もちろん必須です。((*´∀`))ウキャキャ


蔵・完成!

本日、蔵の下屋根を仕上げて来ましたぁ。。

こ~んな、変てこな、お手手で…(笑)↓DSC05286.JPG

しっかし、本日のお天気が???

[晴れ][曇り][雨][雷][雨][曇り][晴れ]の、めまぐるしいお天気の中。。。

にゃんとか?完成!です。。じゃ~ん!!↓DSC05272.JPG

お世話になりました。DSC05283.JPG

ズームで…↓DSC05284.JPG

も~っと、ズームで・・・↓DSC05285.JPG

マネギ箇所も・・・↓DSC05273.JPG

↑ビシッ!っと、↓DSC05281.JPG

完成!です。。

後は、壁が仕上がるのが、楽しみ。。。

また、後日、お邪魔させて頂きたいと思います。

ひとまず、当社、お洒落な屋根 山田瓦店は、退散いたします。。(笑)

が??

にゃんだか?この窓の、霧除けの屋根↓DSC05278.JPG

小瓦100枚判に、なりそうな気配むんむんです。。(o≧▽゚)oニパッ


内緒の話

内緒の話ですが・・・・実は・・・

じゃ~ん!!↓DSC05268.JPG

この度、不始末をしでかしまして、ごらんのありさま・・・ 

やっちまったぜぃ!!(;´_`)トホホ

っと言うのは、冗談で、

ま、不始末といえば、不始末なのですが?・・・(笑)

先日の日曜日。。。いつも慣れているはずなのに・・・・

ここんとこに、(わかる人だけわかるここの部分)(笑)↓DSC05271.JPG

はさまれちゃいました。

状況は、ちょいと、狭い場所に、無理矢理設置。

にゃんとか、掛かって、試運転の、一発目。。

右手で、スイッチ。左手は、梯子をつかんだまま。。

良い調子で、スイッチオン!!

ガーッって、ひかれちゃいましたぁ。。(笑)

良い子の皆さんも、是非、気を付けて下さいね♪

幸い、黄金の右手(笑)でなくて、いぶし銀の左手(笑)なので、

にぁんとか仕事してますが??やっぱ、思い通りの仕事が出来ません!!

これまた、一部公道を走りますので、内緒の話。。。

到着した、瓦を、置き場から、倉庫に、ピストン輸送中↓DSC05266.JPG

二階建て任務。。コーナーもギリギリ曲がって、↓DSC05267.JPG

追跡して写真を撮ってる[カメラ]お洒落な屋根号も、もちろん、2階建て。。

((*´∀`))ウキャキャ

っと言う、( ̄b ̄)シーーッ!!内緒にしといてね♪のお話。。。


蔵の構造に学ぶ

今日も蔵。。

本日は、蔵の屋根ではなく、壁の構造について、書きます。

本体、江戸時代。。崩れかかった土壁ですが?

ここに先人の、知恵と、技術を感じます。。

じゃ~ん!!DSC05254.JPG

今の時代の、筋交いがどうのこうの言っているのとは、次元の違う

お話。。(笑)

筋交い一本もなし。。通し貫が、くさびで、止まっているだけの構造

それに、竹で、木舞をかいて、土が塗りたくってあるだけ・・・(笑)

ですが???

ここに、先人の、すごいところ、細部に発見!!

やれ!筋交いだ!やれ!土壁は弱いだ!言ってる人は、

この後の記事は読まないで下さい。(笑)

江戸時代の、竹が、土壁の中で、未だ、腐らず、ぴんぴんしています。

これも、寒壁(かんかべ)と言って、湿度の低い、寒のうちに土壁を

塗っています。

DSC05257.JPG

土は、冬場は、凍ってしまいますので、この、薄っすら凍る寸前の、壁が、

一番強度があるそうです。

凍る寸前の、松葉凍りの後が、見受けられます。

物には、旬ってものがあるのです。竹も、切り旬。土壁は、寒壁。

そして、仕上げの、白壁は、しっとり湿度の、入梅時期が

旬だそうです。そう、んなこと言っていると、最低1年はかかって

しまいます。ね♪(笑)

今の時代の、住み替えわずか、00日

工期うんぬん言ってる人には、出来ません!。。

この竹木舞を、荒縄や、棕櫚縄【シュロナワ】で、縛って、DSC05261.JPG

このように、土壁を塗っていきます。

そして、このように、荒縄を入れては、塗り、入れては塗り

の繰り返し。。

DSC05259.JPG

そこで、これ・・・・・・↓DSC05255.JPG

この、横にとおっているロープみたいな縄。。。DSC05256.JPG

これは、ワラビの蔓で、なった縄だそうです。そう、山菜のワラビ。。。

これが、親綱には、良い素材なんだそうです。

妙に、とげとげしている。。

建築の文化は、明治・更には、江戸時代には、

ある程度,完成されていたのかも??

逆に、今の、インチキ工法の方が、レベルが低かったり(爆)

これを見習って、ガイドラインの鉄筋棒の代わりに、

竹使ってみようかな??((*´∀`))ウキャキャ

今日は、土砂降り[雨][雨][雷]くらっちゃいました。DSC05263.JPG

んじゃ。。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。