So-net無料ブログ作成

ライン

今日は、いよいよ棟積み。。

そう、ラインなんです、線。線。。じゃ~ん!DSC04863.JPG

↑天神熨斗にて、目地積み。。↓DSC04864.JPG

上端のラインを気にしーの、こ~んな感じに、

下がり止めパッキンをば・・・DSC04865.JPG

そう、ジョイントのど真ん中ではなく、

今回は、大幅なる、右より。。。ん??↓DSC04868.JPG

これは、オートメーション熨斗瓦を、左右分ける事により、なせる技。。

癖をも、見方に付ける、裏ワザです。

本来は、上糸を張って、ジョイント上端の線で、三角くさびで・・・・

あ~!めんどくさくなっちゃったので、

ま、いいや、後は、ご覧下さっている、皆様のご判断に

おまかせ致します。ψ(`∇´)ψ うきょきょきょ


でっかいゴロゴロ。。

しっかし、昨日の夕方の[雷][雨][雷]ゴロゴロは、すごかったですねぇ?

って、家の方。。夕べは、ゴロゴロピカピカ。。すっげーのなんのって、

雷雨で。突然強風も吹き荒れ、土砂降り[雨][雨][雨]でしたぁ。

こ~んな時は、決まって、翌日[携帯電話][携帯電話]が鳴ります。。

ま、あれだけ降れば、あったりまえだんべぇ。。っと、昔の職人は

無責任。。。(笑)

ですが??当社。山田瓦店は違います。。

親切・丁寧。。お客様の、かゆいところに手が届く。。を、

もっとうに、日夜、瓦工事に、努力致しておる所存でございます。。

な~んて、

ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

普段から、無責任、自分勝手、昔の職人が、ぐれたこと抜かすのは、

ちゃんちゃら、おかしい。。。のでは・・・・(爆)

ま、いいや、、そう、私の仕事のエリアの埼玉県、北部。

群馬県、南部地域。。[雷][雨][雷][雨][雷]と共に、雹が降り、突風が発生。。

あの、震災にも耐えた棟が・・・・↓

DSC04855.JPG

地震と、風は、どうやら、違う威力がありますね♪

ま、んな訳で、普段、無責任な私も、応急処置。。↓DSC04856.JPG

DSC04857.JPG

DSC04858.JPG

 

DSC04859.JPG

ま、いくら自分勝手でも、雨漏りは、放置いたしません!

だって、気の毒じゃん!!

また、自分勝手に、現場を抜けてきてしまった。。

これは、優先順位ってもんです。。ごめんなさい。。(爆)


お洒落な屋根さん、ひものになる。。(笑)

私の今日の仕事は、この、[晴れ][晴れ]炎天下の中。。

漆喰(シックイ)塗り替え工事です。

この、お宅、築50年。。

まわりのお家が、震災で、棟が崩れちゃったのに、

生き残った、屋根です。。

それは、ずばりこれ・・・↓DSC04850.JPG

だらしのない漆喰を、かっぽじいて、、まだ、これ・・・・

ガッチンガッチンの葺き土。。そう、良質の粘土です。。

世間では、やれ!無緊結だの、大回しだの、言っていますが??

一番の、ポイントは、葺き土の良し悪しが、多大な影響を受けていること。。

ここんとこが、分からないとダメなんだけろなぁ???

ま、土の良し悪し。。数値には、表わせられないからなぁ??

これは、重大なポイント。。

ですが??能書きこいている奴に限って、土こねの経験がない。。

これは、数値、データーではない現実なのです。

片付け紐熨斗で、踏ん張らせる。。これも、かなり有効な手段です。

頭で、覚えるというか?体で覚える。。。これが、経験値。。。

かつて、東京湾の汚泥を、土壁に使い。。土壁がなくなった

ように。。。。(笑)

んで、何だっけ??そだ!漆喰塗りだ。。。

今回、つまらなく、良質の粘土だったので、

こ~んな工法。。。↓DSC04847.JPG

軽量モルタルを、砂ずりに使い。。↓DSC04853.JPG

例の、雨どい改(笑)で、↓DSC04852.JPG

下塗りして、

んでもって、上塗りをかけます。。↓DSC04848.JPG

しっかし!暑っついぜぃ!

お洒落な屋根さん。。干物になる。。の巻き       完。。


離れ小島。。

♪ピンポンパンピンポ~ン!♪

猛烈な暑さで、熱中症になる恐れがありますので、外出や、屋外での、

スポーツや、作業は、控えましょう。。。しょう、しょう、しょう。。

♪ピンポンパンピンポ~ン!♪

ま、控えろと言われても、我々屋根屋。。

やらない訳にはいかないでしょう。。だって、仕事ですから・・・(笑)

ギラギラ[晴れ][晴れ][晴れ]の中。。

私に任命された箇所は・・・ここ。。。↓DSC04836.JPG

↑ここ。。こ~んな感じの、離れ小島。。(笑)

北側の為。。唯一の日蔭。。。

一番年長さんの私に配慮しての、任命ですw。

通常ですと、こ~んな、日蔭のめんどくちゃい所。。。

数人で作業していれば、一番、若手が名乗り上げるのが筋。。

んだけろ、お言葉に甘えて、ベテランの私が、担当させて頂きまちた。(爆)

じゃ~ん!↓DSC04837.JPG

ビシッっと!納めまして。

次は、午後から日陰の東側の、こっちの離れ小島。。↓DSC04838.JPG

まねぎ箇所も、足詰めして、ケラバも、左右シンメトリー仕上げ。。

平葺きも、↓DSC04839.JPG

DSC04841.JPG

 ・

 

DSC04840.JPG

横幅、サンダー片手に、8寸6分の、総詰めにて、葺き上げ、ました。。

ま、いいや、日陰だから・・・・(笑)

これで、1日半かかって、しもうた。。

午後からは、皆さん並みの、[晴れ][晴れ][晴れ]炎天下に・・・・↓DSC04842.JPG

しっかし、1尺5寸違いの、本谷は、やりにくいぜぃ!!(笑)

その昔、手間請け時代は、よく、この箇所、斜め葺きしちゃったなぁ。。

そう、参考までに、斜め葺き。。。とは・・・

切り隅の隣の唐草までは、そのまま、

ここから、もじって、斜めに、1列に葺いちゃいます。。

そう、袖が谷際。。差し込み側の、レベルは、材木を打って、

左鱗勝手より、ちょいと、高めに設定いたします。。

ま、いいや。。

とりあえず、ここまで・・・・↓DSC04843.JPG

DSC04844.JPG

DSC04845.JPG

しっかし、暑っついぜぃ!!,;.:゙:..:;゙:.::旦(゚∀゚ゞ)ダハッッ!


間に合わなかったぜぃ!!

昨日、順調に、棟積み。。。↓DSC04831.JPG

んで、午後から、こちらの、もう1本の棟を、

積み始めた頃・・・・

あっちゃこっちゃで、[雷][雷][雷]雲発生。。

上空の空模様を気にしつつ、、着実に、作業を進めてまいります。。

そう、棟積みは、途中でよせないのが、ネックです。。

1段目積んで、

まだ!行けると判断した、我々は・・・・2段目に突入。。。

ここが、博打みたいな所。。(笑)

この業界の方なら、誰でも、経験のあることでしょう。。。

今回、完全に、目測誤り。。。。途中で、↓DSC04826.JPG

応急で、用意しておいた、シートを、掛けましたが????

ご覧の通り、↓DSC04827.JPG

風をともなった[雨][霧]土砂降り。。。DSC04828.JPG

 ちょいと、間に合わなかったぜぃ!!

この瞬間、シートの一部が、風でめくれ・・・・

この土砂降りの中、何も出来ずに雨宿り。。。。

早くのうちに、雨仕舞い出来れば、OK!なのですが???

今回、完全に、目測誤り。。。いつになく、速攻[雷][雨]攻撃。。。

参ったぜぃ![雨]が止んで・・・・屋根に上ると・・・・

この状態。。。。じゃ~ん!!↓DSC04829.JPG

あっじゃ~!!↓DSC04830.JPG

シートが飛ばされちゃった箇所。。。。

あ~ぁ。やらなければ良かった。。。。。

っと、思っても、後の祭り。

ひたすら、無駄な、お掃除にあけくれます。。(笑)↓DSC04832.JPG

んな訳で、昨日雨が止んでからと、本日、午前中にかけて、

私達は、屋根葺き屋、ならぬ、屋根拭き屋。。。((*´∀`))ウキャキャ

こ~んな、感じに、綺麗に仕上げましたぁ↓DSC04833.JPG

DSC04834.JPG

DSC04835.JPG

[雷][雨][雷][雨]は、ちょっとのタイミング。。。

皆さんも、無駄な手間をかけないように、

気を付けましょう。。ね♪。。(笑)


大工さんのこだわり

今日から、次なる新築。。

瓦を上げまして・・↓DSC04757.JPG

スタートです。

この現場・化粧垂木に、化粧野地。大工さんのこだわりが感じられます。

じゃ~ん!!DSC04759.JPG

プレカットではできない・・・丸太の、小屋組み。。

柱も・・・↓DSC04760.JPG

大黒柱・小黒柱。。が、ど~ん!!と、建っています。。

しかも・・・・ちらっ・・・↓DSC04761.JPG

ケヤキの柱です。。

良い仕事がしてありましたよ~ん!!

そだ、この、まねぎ箇所・・・・↓

DSC04762.JPG

キッチリ、留め納め。。DSC04764.JPG

前から見れば、留め。。

裏から見ると・・・こ~んな小細工が・・・・↓DSC04765.JPG

そう、短い方の垂木が、下がらないように、

表面は、留めで切って、裏は、ご覧のように、短い方の

垂木を伸ばして、乗せてあります。。

そう、垂木を、相欠きして、はめ込んであります。。

こ~んな、小細工。。木を知っていればこそ、

出来る技術です。。DSC04763.JPG

まねぎの長さも、もちろん瓦割りで、作ってあります。。

ケラバの、びっこは、みっともないが、おわかり頂いている

棟梁です。。

さ~て、瓦の方も、ビシッと!気合いを入れて、開始です。

今回の瓦は、実に良い。。。↓DSC04767.JPG

2013年5月16日製造・・

どこが良いって??・・・・それは、私の誕生日と同じ日だからです。

(●>∀<●)ノケッケケケ    ププププぅぁはははははっは

明日は、あっちゃこっちゃの新築を、ちょいと、お待ちいただいて、

仙台に出張に行って参ります。。

よって、ブログは、お休みと、させていただきます。。

出張??実は、旅行(笑)んじゃ、行って来ます。。


中付け袖瓦(なかつけそでかわら)

さ~て、本日は、ケラバ付け。。。じゃ~ん!!↓

DSC04737.JPG

こ~んな感じに、じゃんじゃん登っていますが???

今回、使用の、ケラバ・(袖瓦)(そでがわら)

ん~ん!分かりやすく書くのは、むじゅかちい。。

ま、いいや、↑ご覧のように、屋根の、わきっちょに付く瓦。。

今回使用の、袖瓦は、・・・・これ・・・↓DSC04738.JPG

はい、中付け袖瓦といいます。。。

ちょ~っと、かっちょいい瓦です

私は、よく、ちょいと、アクセントで、使用いたします。。

一般の皆さんにも、評判の良い、袖瓦です。

でも?何故??一般普及しないのか???

下手ッピーが付けると紐ケラと、同じ扱い。。。(笑)

ま、愚痴を言っても、しかたないので・・・・

本日。。暑さのせいで、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]が、かなり入っちゃったので、

中付け袖の、上手な取り付け方。。。(私の付け方)

マル秘、特別大公開しちゃいます。。

良い子の皆さんは、φ(.. ) メモメモのご用意を・・・

じゃ~ん!!↓DSC04740.JPG

通常、普通袖と同様、葺き足調整を、こっち側で、したくなりますが???

私の場合は・・・・こっち側・・・↓DSC04741.JPG

7寸8分の、葺き足にそろえて、こちらを、切ります。。↓DSC04742.JPG

じゃ~ん!!↓DSC04743.JPG

多少、作業面で、サンダー裁きに、リスクを背負いますが???

技術のある、君なら出来る。。!!

こっち側を切る事によって、手先の重なりしろが、わずか、

2分5厘から、3分。。余計に重なります。。。

これが?昔の、棒ケラバ。。。のイメージです。。

中付け刻み袖・セキガイ袖までとは、言わずに・・・・

ちょ~っと、美しく魅せる、わずか、3分の努力。。。

是非、やってほしいです。。。

左袖も・・・・↓

DSC04747.JPG

能書きが長くなりましたが???

ビしっ!っと、付きましたよ~ん!!↓

DSC04749.JPG

 

DSC04754.JPG

DSC04752.JPG

DSC04755.JPG

誰でも簡単に葺ける瓦じゃなくて、

わずか、3分(1センチ弱)にこだわらくっちゃ。良い屋根には

決して、なりません!!(笑)


直接聞いてみな。。

今日は、仕事仲間の、後輩RED君のお手伝いの新築。。

若いご夫婦だから・・・・平板瓦で見積もりをお願いいたします。。

っと、素直に、見積もりを出したRED君。。

その後、元請け建設会社から・・・どうやら、陶器瓦和型らしい。。。

っとの、相談。。

見積もり金額の数字も出ちゃってるので、今さら変更は・・・

っと、生真面目なRED君。。。

そこで、大先輩の、私、お洒落な屋根先輩に、相談あり。。。

ぶっきらぼうな先輩は・・・「直接聞いてみろ!!」

元請け建設会社に、許可をいただいて、直接、お話をさせていただいた

そうです。。

決まった瓦は・・・・こ~んな平板瓦。。。

じゃ~ん!!↓DSC04736.JPG

ん?様子が変だぞ!!

これは、昔ながらの、日本瓦じゃないですか。。。

若いから、平板瓦。。は、建設会社の勝手な想像で、

こ~んなのを、好む人も、多いのです。。

歴史のある、日本瓦。。。選ばれるには、訳があるのです。

だいたい、相談を受ける立場の人間が、認識のないのが

現実です。。

素直にいけば、平板瓦が・・・・・・ここまで・・・・・↓DSC04732.JPG

↑ベタ万(無地万十軒)

DSC04734.JPG

↑切り落ち(切り落とし桟瓦)

更には・・・・↓DSC04733.JPG

中付け袖瓦まで。。。。。お選び頂いたようです。。

確かに、平板瓦からの見積もりですと、

追加料金は、発生いたしますが???

気に入らない物を売り付けられて、あとで、葺きかえる事を

考えれば、追加工事代なんて、微々たる金額。。

こ~んな事すれば、高くなる。。だけではなく、

きちっと、見積もって、〇万円、の差額です。。を

明確に出してあげれば、満足のいく、選択ができるでしょう。。

歴史のある日本瓦。。。

瓦屋根は、一生もの、ともすれば、2代・3代。。。。孫の代まで・・・

微々たる差額なら、お好きなもの、是非選んで頂きたいですね♪

提案する器量。技量。。単なる商売だけの奴は、物申してほしくない

ですね♪直接RED君にお話させてくれた建設会社、社長さん

結果、会社のためになること、間違いなし!!

良い家造りたいですね♪


S型完成!

お待ちどう様でした。本日S型瓦の現場。。完了です。。

上屋を終わらせまして。下屋の、玄関箇所。。↓DSC04722.JPG

↑こ~んな感じに、平葺き中。。。

そだ!このS型瓦・・・・・・最近・あんまり葺いていません。

単価のせいか?何のせいか???

ま、何が安いか??を問われれば・・・・S型は、ちと高い。。

逆に、高級感を、あおるには、持ってつけの素材。。。

でも????なぜ今。。需要がないのか???

それは、下手糞が葺いたのでは、ぐっちゃんぐちゃんで、

宝の持ち腐れ。。。

技術の差が、思いっきり出る素材だからです。。

奴は、上手く葺いた。。家の職人は上手だ!!では、済まされない、

ハウスメーカーの考え方。。。

そうです。同じものを提供しなくてはいけない、ハウスメーカー。。。

確かにその通りです。。

当たりはずれがあっては、お客様に迷惑がかかります。。

だから・・・ハウスメーカーさんは、極力、技術の差が出ない

素材を選ぶのです。。

こ~んな、からくりに騙されて、簡単素材に走るのは、

職人として情けない!!

本日は、S型瓦の上手な葺き方のワンポイント。。。

お教えいたします。。

S型瓦の、難しい所・・・・・・・・↓DSC04723.JPG

右から、かぶせ葺き。。。しかも、隠れる箇所の、一点が、墨。。。

DSC04724.JPG

この一点を合わせつつ・・・・睨むは、桟峠。。。。

これは、リズムと感覚です。。是非身に着けたい技術です。。

何度も、上から、下から、ひたすら睨む。。。DSC04725.JPG

ビしっ!っと、通った、S型は、かっちょいいですよね♪

上屋の完成!写真も・・・↓DSC04726.JPG

DSC04727.JPG

下屋根も完成!!↓DSC04728.JPG

DSC04729.JPG

DSC04730.JPG

同じものを提供しなくてはいけないハウスメーカーさんは、

置いといて。。。。

技術の差で、勝負出来る業界にしたいですね♪

ハウスメーカーさんに出来ない事。。。

そう、和型。S型・更には、本葺き。。。極めたいですね。

ハウスメーカーさんは、このような技術の差が出る瓦。。。

は、嫌いますからねぇ??・

技術の差。。。例えば、左官職。。なんかも、ハウスメーカーでは

嫌われます。。(爆)

ズバリ!お手手の差が、出るお仕事ですもんね♪(笑)


スペシャルブレンド

さて、昨日から、棟シックイ塗り替え工事↓DSC04718.JPG

古くなった、漆喰。痛んだ土を、かっぽじいて、ほじくりかえしまして、

注。以前に、ちょいとインチキ屋の、ボンドが玉にキズ。。。

ま、これも、カッターナイフで、ぶった切って施工中。。↓DSC04710.JPG

築25年。陶器瓦53判銀黒(ぎんぐろ)色

当社独自の、マル秘スペシャルブレンドにて・・・↓DSC04715.JPG

手練りで、配合中。。。(笑)

今回は、悩みに、悩んだ末。。。(白)

築25年の陶器瓦銀黒。。。

微妙に、経年劣化の、こヒビが目立ちます。。

瓦の性能としては、何ら問題はありませんが???

色彩感覚として・・・・今回は、白。。

こ~んな感じに↓DSC04712.JPG

 

こ~んな狭い個所も・・↓DSC04711.JPG

寝ながら、作業中。。。寝ていて儲かる男。。。(笑)

DSC04720.JPG

こ~んな感じに塗り込み中

DSC04721.JPG

すべての瓦も、無料点検。。やばい個所は、勝手に交換しながら、

とりあえず、完了です。。

後・・・〇年は、持つでしょう。。。

この仕事。。。訪販業者が、しつこく営業してくださいましたので、

成立した仕事です。。

当社の営業マンは、訪販業者。。。ありがたい話です。。(笑)

これまた注。。。住宅に関しての訪販。。。

当社データーによると、80パーセント以上の確率で、インチキ屋。。

口先人間には、騙されませんように。。。。

迷った時は、信頼のおける専門業者に・・・・

契約する前に、口コミ等で、ご判断下さいませ。。

あっ!、それと、ブログ等で、でかいこと抜かしている業者にも

要注意。。

例。。お洒落な屋根  山田瓦店 等

これじゃ、だめじゃん!!

(●>∀<●)ノケッケケケ    ププププぅぁはははははっは


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。