So-net無料ブログ作成

お洒落な屋根、大失敗の巻き。。

お寺の屋根も終わりまして、今度は、神社に、舞い戻って来ました。

そう、平葺きだけで、放置してありました現場です。。

昨日から、棟積みに入っております。

隅棟、素丸共、5段積み。。大棟素丸共、7段積みの設計指定。。

鬼瓦は、(カエズ)そちて、、ベタ積み。。

一番年長さんの私は・・・・若いもんに、任せて、今回は、

手元。。(笑)南蛮漆喰を、置いたり・・・鬼瓦を、立てたり。。。雑用係り(笑)

こ~んな感じに、エブリ台取り付けましたぁ

じゃ~ん!!↓

あれ??写真を、削除してしまった・・・・大失敗。。

違う。。エブリ台の取り付けを、勾配を無視して、いつも通り取り付け

ちゃったら、ちと、高過ぎが、判明。。

今回4寸勾配。。大失敗。。

原寸も引かず、いつもの勘で・・・・なめてかかると、

私のように、無駄に歳をとっている歳だけベテランでも、

失敗します。。

失敗した時は、素直に、解体。。いたします。(笑)DSC04565.JPG

そちて、クリア。。。↓DSC04566.JPG

DSC04568.JPG

DSC04569.JPG

んで、今度は、こっち側。。。

DSC04572.JPG

時間があったので、私が積みました。。↓DSC04570.JPG

俺だって、普通の棟だって、積めるんだよ~ん!だ!!DSC04573.JPG

積みながら、どうも、気になる、あっちの、小屋。。↓DSC04574.JPG

UPで…↓

DSC04575.JPG

上手・下手はいづれにしましても、

何処となく、味がある。。

どちらかというと、こっちの方が、興味がある、

お洒落な屋根です。(笑)

ま、失敗も、クリアして、順調に、進んでます。。↓DSC04576.JPG

んじゃ。。


お魚メンド!ん?(笑)

昨日、お寺さんの、庫裏。。完成!いたしましたぁ。。。

こ~んな感じに・・・DSC04544.JPG

天神熨斗で、積み上げました。

じゃ~ん!!↓DSC04548.JPG

青い空・白い雲・バックに、山を控え、すぐそこには・・・

高速道路。。(北関東自動車道)

完成!です。。↓DSC04549.JPG

DSC04551.JPG

リズミカルに、かつ軽快に・・・・

DSC04552.JPG

DSC04555.JPG

良いでしょ?いぶし瓦。。。

建築の美は、瓦から・・・・・

ま、それには、職人のひと仕事。。。不可欠です。

誰でも、簡単に葺ける、瓦。。

地震に強い瓦。。の開発。。。

そ~じゃねんだ!!ずれている業界。。。。

見て見ぃ!!このお寺の、塀瓦。。。↓DSC04561.JPG

塀の、目板瓦までとは言わず・・・この長尺の、桟瓦。。。の塀。。

関東には、昔っから、たまーに見受けられます。。

いい味出してますでしょ??DSC04559.JPG

近年、葺き替えられている模様。。。

クシメンド(瓦製メンド)も・・・・↓DSC04560.JPG

これじゃぁ、鰹節メンド、クシメンドの形状では、なく・・・・

お魚メンドかもね♪(笑)

当時の、田舎瓦屋さんが、試行錯誤して、造った、オリジナル、

お魚メンド。。。ん?(笑)。。これ、貴重品です。。

この、先人の、努力を、無にしなかった、葺き替えた職人さん

にも、頭が、下がります。。

足らず枚の瓦の補充も・・・・DSC04557.JPG

↑こ~んな感じに、荒地の、抜きっぱなしの桟瓦を、加工して、

納めてありました。。変な万十じゃなくて、良かった。。(笑)

私は、、こ~言う、選択。。。。案外好きです。。

予算がないから、出来ない。。。

俺だって、予算があれば出来る。。。

ま、こ~んな事、言っている奴に限って、出来ないのが、現実。。

お手手磨いてから、物申せ!!ってんだ!!ば~か!!

ん~!!日曜出勤で、[ビール][ビール][ビール][ビール][バー]やりすぎちゃったので、

かなり、やばい、お洒落な屋根ですw。

でもさ、良いものは、良い。。

同じ物見ても、お宝と感じるか?ただの、古と感じるか??

古い、価値のないものを、古いだけで、ちやほやするのか?

そこんとこが、マニュアルには、出来ない所。。。(笑)


逃げるなら、ここ。。。

ま、昨日の続きの瓦工事です。。

おーっと!お洒落な屋根選手。。。こ~んな事やってます。。↓DSC04537.JPG

何やら、左袖を加工しています。。

じゃ~ん!!DSC04540.JPG

↑こ~んな感じに、5分詰め。。DSC04541.JPG

DSC04539.JPG

んとね♪

今回、地割り(瓦の割り付け)が、ちと、悪い。。

ケラバの出を極限まで、出し。。

地割り棒を、これまた、極限まで、(8寸7分1厘)。。詰めたけろ、

5分(15ミリ)硬い。。。

こ~んな時は、この作戦!がベストです。。←ほんとか??

逃げるなら、ここ。。。

調整桟を、無意味に多用する、アンポンタン連中じゃ、

わからない事。。

ケラバ寸法は、各メーカーさん、それぞれですが??

和型の地割りは、桟峠まで、約、1寸3分。。。

これを、頭に入れますと、右袖ー2寸6分が、左袖の利き幅。。

これが、芯。。

よって、このメーカーの左袖の5分詰めは、正しい。。

ま、平均、和型、各メーカーさんの、袖瓦の利き幅。。。

まちまちですもんね♪(笑)

本来なら、右袖が、もう少し、利き幅が、あれば、ベストなんですが??

にゃかにゃか、ここんとこわからないメーカーさんが多く。。

この事すら、気付かない、屋根屋さんも、多く。。(笑)

わかっていても、ここまでの手間は、通常はかけませんが??

今回。。どおせ、5分詰めるのだったら、左袖で。。。。。

これで、鬼瓦の、立ち位置が、

ビシッと!桟袖芯に、座ります。。

雁足も、通ります。。DSC04538.JPG

[雨][雷][雨][雷]。。降ってきちゃいましたが?にゃんとか、平葺き終了。。

DSC04542.JPG

DSC04543.JPG

通常は、ここまでの事は、いたしませんが???

どおせ、5分詰めるのだったら・・・・・

何処で詰めるのが、ベストか???

ここんとこに、注意出来る職人になりましょう。。。ね♪


今日から新築。。

今日から、とあるお寺さんの、若住職ご夫婦の庫裏(くり)

新築瓦工事です。

じゃ~ん!!↓DSC04529.JPG

こ~んな感じに、始まりました。。

しっかし、ケラバが長い!!。。27枚も、登っているんだもん!!

DSC04530.JPG

老体に、ムチ打って、にゃんとか、登り切りました。。

まだまだ、若いもんには負けない、お洒落な屋根ですw。(笑)

ほーら!。。ビシッと!付いたでしょ??↓DSC04531.JPG

DSC04532.JPG

使用瓦は、日本瓦いぶし、ベタ万(無地万十軒)切り落ちです。

DSC04533.JPG

こ~んな感じに、DSC04534.JPG

葺いております。。

そう、下の、段下がりは、元請けRED君の担当。。

んで、こっちち側は・・・・↓

DSC04536.JPG

PTA会長さんの担当です。。

いちばん年長さんの、お洒落な屋根、先生。。。

後輩君達に、負けじと、ちょいと、意地で、ビシッと!納めます。(笑)

ま、こ~んな感じよ!↓DSC04535.JPG

我々職人は、能書きよりも、まず、仕事。。。

付いて行けなくなれば、間違いなく、引退いたします。。

んでも、まだまだ、行くでぇ!!~~(笑)

っと、一人ほざく、お洒落な屋根と言う、少年が、

そこにいた。。。。。おわり。。。。

ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!


待っててくれました。

今日の仕事は、5月頭の、強風により、棟瓦が、すっ飛ばされた現場の

修理です。

築、44年。例え、日本瓦といえども・・・ちと、メンテナンスの時期

に来ています。。

考えてみ??10年足らずしか持たない、屋根材では、

4回目の、葺き替え時期です。。

んなことも、わからずに、変てこな屋根材。。わけもわからず、

進める、若い営業君。。。

君は、良かれと思っても、歳をとった時には、

犯罪者。。になっているかもしれません!お気を付けを・・・・

こ~んな工事↓DSC04522.JPG

棟積み替え工事です。。

こ~んな感じに、積み替え完了!!

じゃ~ん!!↓DSC04524.JPG

DSC04525.JPG

んとね♪

当社が、自分勝手(相談を受けてから、しばらくたつ)なので、

変てこな、営業マンが、屋根葺き替えを、すすめに、

少なくとも、3人訪れたそうです。。

親切ですね♪

ま、屋根は、軽~く。だの、瓦だから、ズレル。。だの、

もっともらしい事、抜かしてくれたそうですが???

だいたい、てめーんちの屋根材で、44年持つのか??

ぐれたこと抜かしてんじゃねーぞ!!ゴルァ!!

って、放置した自分を、棚に上げて、ほざく、お洒落な屋根。。(笑)

ま、待って下さったお施主様のため。。

絶妙の入れ歯。。(新しい瓦の補充)を、施しまして、

完成!です。。

あっ!!下屋根も・・・・↓DSC04523.JPG

こ~んな感じに、葉っぱ掃除。。

んで、ここの箇所も、DSC04527.JPG

DSC04528.JPG

葉っぱ掃除。。してあげまして、

当分は、OK!でしょう。。

掛かり付けのお医者さん(屋根屋さん)だから、こそ、できる事。。

お待ちどうさまでした。

これで、とりあえず、変な営業は、こないでしょう。。(笑)


番付は、いろはの「ふ」

本日、やーっとこさ、平葺きが完了いたしましたぁ。

物件は、例の、神社の、社務所兼、地域の集会所。。

大きさは、屋根で、百坪超。。。。

こ~んな感じに、全数釘留めにて、葺き終わりまちた。

じゃ~ん!!↓DSC04516.JPG 

でっけーの、なんのって。。。(笑)

プレカットの、番付が、いろはの(ふ)通りまで、↓DSC04518.JPG

そう、いろはにほへとちりぬる・・・・・・・の、(ふ)

そう、昔っから、木造の、刻みの番付は、

いろは・・・・

あいうえおでもなく、ABCDでもない。。。いろは。。

いろは、

いろは48文字が、すべて、言える、お洒落な屋根じじいです。(笑)

ま、んな事は、置いといて・・・・

平葺き完了!!↓DSC04519.JPG

DSC04520.JPG

でっかすぎて、全景が撮れません!(爆)

平葺き、終わらせて、次なる現場へ・・・

棟積みは、誠に勝手ながら、今しばらくお待ち下さいね♪↓DSC04521.JPG

んな、訳で、平葺き完成!っと言う事で・・・・・(笑)

あ!そだ!!いろはにほへと・・・・・→

んじゃ。。

 


臨機応変

7辺ベタ積みも、肌熨斗2段積みまして、

踏ん張って完成!ちりもろくすっぽとらずに、ヒョロヒョロ積みで、

ビス打ったって、意味がないことを、わからないとですね♪

さて、例の熨斗瓦・・・・・↓DSC04505.JPG

頭と、尻で、微妙に、アールが違う奴。。DSC04506.JPG

分析してみましょう・・・・↓DSC04507.JPG

ふむふむ・・・・DSC04509.JPG

そう、こっちの、あいじろ(焼成時のピンのあと)がある方↓DSC04508.JPG

が、アールが強い。。

さて、いよいよ、下屋根の、隅棟。。さて?どちらを、下(鬼際)にして、

積んだ方が、綺麗に見えるでしょうか??DSC04507.JPG

良い子の皆さんなら、おわかりですよね♪

屋根は、下から、見上げるもんです。

その事に注意して、積み上げると、綺麗に見えます。

アールの強い方が上。。アールの弱い方が下。。

そうすることによって、熨斗ジョイントのはぐみ、がっけ、が、

目立たなくなります。(素丸の要領)。。

さ~て、ご覧の通り、じゃんじゃん積んでいきます。↓

DSC04510.JPG

DSC04511.JPG

って、言うか?お洒落な屋根選手。言っている事と、反対の、

使い方、やっちゃってます(笑)

DSC04512.JPG

んでもね♪今回のように、軒先に、微妙に、軒ぞりがあるため。。

棟を、若干、反らせる必要があります。。

その為、私の選択は、あえて。。。逆。。

そう、鬼際の、熨斗勾配を、強く。徐々に、勾配をのろくしていく

には、もってこいの、熨斗瓦だからです。。(笑)

癖をも、見方に付ける、作戦!です。

臨機応変。美しく魅せる為の、最大限の努力。。

いけいけで、積んでる奴らじゃ、わからない事

壁際の、葺き止め、仕上げて、DSC04513.JPG

完成!です。DSC04514.JPG

ちょ~っと、はぐみが、多いですが?

一定方向での選別で、何とか、ビシッと!通せました。とさ。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。