So-net無料ブログ作成

文庫蔵完成!

文庫蔵が、昨日完成!いたしましたぁ。

作業途中写真を・・・

角桟の、小径の紐丸も、取り付け終わりまして、↓

DSC03960.JPG

DSC03963.JPG

鬼瓦(影盛り)も、据え付けて・・・

いよいよ、青海波です・・・↓

DSC03964.JPG

DSC03965.JPG

今回は、緩やかな波の、青海波ではなく、

以前使用されていたのと同じ、関東大青海。。丸青海です。

じゃ~ん!↓DSC03967.JPG

DSC03969.JPG

そう、魚の鱗みたいに見える形です。

んで、中が空洞、あっちが、見えるのが特徴です。

DSC03970.JPG

DSC03972.JPG

薄紐熨斗を積んで、

DSC03975.JPG

DSC03978.JPG

その上には、薄熨斗+角桟紐丸です。↓

この冠の、角桟紐丸は、風切り丸に使用したものより、

DSC03958.JPG

でっかい奴を取り付けました。

これは、その昔、関東では、大雁振りと呼ばれたものを取り付けて

いたのを、尊重してのことです。

いよいよ完成!↓DSC03986.JPG

瓦美人56判切り落ち、葺き足、5寸、軒瓦は、ツヅ入り、

袖瓦は、刻み袖。。。

棟の詳細は・・・1段目、片付け紐熨斗、で踏んばらせまして、

2段目、薄紐熨斗天神にて、絶妙の目地切って、目地積み。。

3段目4段目、関東大青海おっ被せ葺き。(中は空洞納め)

5段目に、薄紐熨斗天神を積んで、6段目は、薄熨斗天神にて、

これまた、目地積み。。

そう、紐の付いていない奴、その上に、角桟の大冠。。

ここで、注目していただきたいのが?通常半目ずらしで

積む所を、あ・え・て、同目地で積む所が、「ミソ」です。DSC03978.JPG

これは、下2段で、柄を入れて、上を、丸共3段では、ちと、

頭が重く感じる。。為です。

棟柄は、バランス。。ガイドやマニュアルでは表せない所。。

んで、お掃除をして、↓

DSC03977.JPG

DSC03983.JPG

DSC03986.JPG

紐熨斗の、ジョイントは、すべて、桟芯合わせの、薬師寺納め

これで、天熨斗と、冠を、同目地にすることにより、

同じ列に、紐が、2個づつになり、バランスがとれるのです。

雨仕舞は、慎重にしなくてはいけませんが?

お洒落は、我慢です(笑)

さ~て、昔の、良い雰囲気が残せましたでしょうか??

葺き替え前・・・・・→

その昔の、左官職が、付けた、ケラバ漆喰・紐漆喰・漆喰影盛り鬼瓦を、

瓦で、復元いたしました。

刻み袖、薄紐熨斗・影盛り鬼瓦で・・・・

じゃ~ん!↓DSC03956.JPG

ん?間違えました、

これは、現場に行く途中の、蔵でした。(笑)

さて、今度は、本番(笑)。。。文庫蔵完成!です。

写真をご覧下さいませ。。じゃ~ん!↓DSC04002.JPG

DSC03993.JPG

DSC04005.JPG

DSC04007.JPG

DSC03999.JPG

関東流の、蔵。完成!です。

一仕事・一手間、かけて、ちょいと、小粋に仕上げる。。。

これが、本来の、江戸前の仕事です。((*´∀`))ウキャキャ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。