So-net無料ブログ作成

掛け巴編。。

今日は、昨日取り付けた、掛け唐草に、巴を、かぶせます。

よ~し!じゃんじゃんおっ被せちゃうよ~ん!

どんどんかぶせちゃえばいいのに・・・

あら、、こ~んな事やっちゃってます。。じゃ~ん!!↓DSC02922.JPG

インスタントの、現場調達、自家製の、のさかぎ定規にて、↓DSC02923.JPG

こ~んな感じに、角度を測定します。。。

そちて、当社規定の、番号と言うか?暗号と言うか?

を、ふります。。。

この作業が、重要です。。

これで、ビシッ!とした、ラインが通ります。。

が??ここでも、睨みは、かかせません!!

後輩のA君に、そこが、出すぎぃ!!

番号は、何番だ!!??

何番に取り換えろ!!っと、指示している、

大先輩の、お洒落な屋根と言う、名人がいます。。(爆)

DSC02924.JPG

睨みに、睨みを利かせて・・・

にゃんとか、4本登りきりました。。

DSC02925.JPG

今度は、こ~んな奴を・・・・↓DSC02928.JPG

はい、拝み巴(おがみどもえ)で~す。。

こ~んな感じに・・・・↓DSC02929.JPG

加工いたしまして、とりあえず、仮伏せ。。。↓DSC02926.JPG

んで、今度は、カニ。。

ん??カニ?何??((*´∀`))ウキャキャ

これです。↓DSC02931.JPG

蟹に似てるでしょ??

これは、カニメンドと言います。。

こいつを、加工して、取り付け中。。。

にゃんとも、埃だらけになり、、誇り高き白髪のおじいさん。。

ってな具合。。。(笑´∀`)ヶラヶラ

↑経験した人だけ、おのずとわかるお話。。。(笑)

さ~て、次は・↓DSC02932.JPG

合端した、カニメンドを、裏側から、ボンド塗って、

南蛮漆喰にて、本決めします。。

前からの写真は、暗くなっちゃったので、後日といたします。。

しっかし、日が短くなっちゃいましたねぇ。

明日は、拝み巴の、本決めと、隅巴瓦の取り付けから、

スタートの予定です。。んじゃ。。


本日、掛け唐草。。

今日は、山門の、破風部分。蓑甲箇所。。の

掛け唐草(かけがらくさ)の取り付けです。。

じゃ~ん!!↓DSC02917.JPG

地割りをして、下がり止めの、捨てビス打ちまして

ガンガン、取り付けちゃいます。。

今でこそ、ビスだけど??昔は、5寸釘打ったんだぞ!!

って、後輩君に、じじいならではの、昔話。。。(笑)

掛け唐草、こ~んな感じに、取り付け中↓DSC02910.JPG

DSC02912.JPG

DSC02913.JPG

ほ~ら!!このライン↓DSC02915.JPG

DSC02909.JPG

蓑甲(みのこう)箇所は、破風の、角度が、違う為

同じ出寸法で取り付けると、通常真ん中付近が、

はらんで見えます。。

ここを、職人技で、真ん中を、絞るっと言う作業を施します。。

ここで、何枚目を中心に、絞れば良い!!っと言ってやれれば

変てこな屋根は、減るのですが??(笑)

これが、一概には、言えないのがネックです。

そう、現場・現場により、違うからです。。

本・教科書・を見て、勉強している諸君!!

本来は、原寸図を引いて、施工するのが望ましいですが??

え~い!!本日は、ご機嫌がよく、[ビール][ビール][ビール][ビール]飲みすぎちゃったので、

本掛け蓑甲唐草の、取り付け方を、特別に、公開致します。。

良い子の皆さん。。メモのご用意を・・・・・

例えば、あくまで、例えばですが??

20枚登りの、掛け唐草の取り付け。。。

真ん中で、1寸絞ると仮定しましょう。。

頭の良い、几帳面な貴方なら・・・・

3寸5分・・3寸4分5厘・・3寸4分・・3寸3分5厘・・・・・・・・っと、

5厘刻みで、取り付けたくなりますが????

これでは、良い曲線は、描けません!!のよ

アール・角度。。現場・現場により、曲率・野弛み、勾配が違います。。

そんな時の、有効な手段を、公開いたします。。

人呼んで、けつ墨工法だぴょ~ん!!

まず、絞りたい位置。(現場によって違う)に、墨をします。。

切り隅付近・入母屋であれば、破風尻に、墨をします。

そして、一番頂点の、拝み付近にも、墨を出します。。

上から下まで、チョークラインで、引き通します。。

そして、真ん中付近の、絞りたい箇所の墨めがけて・・・

パツンっと、気合を入れて、飛ばし墨を、打ちます。。

一発で、決まればかなりご機嫌。。。

何回打っても、決まらない時は、かなり、不機嫌。。。(笑)

まぁ、こ~んな感じよ↓DSC02919.JPG

ちょっと、UPで↓DSC02920.JPG

↑そう、このライン。。。

このラインめがけて、取り付けます。。

瓦当も、あ~ら不思議。。。ビしっ!っと通ります。。

後は、瓦の大きさ、焼きちじみ等を考慮いたしまして、

微調整。。。

信じるのは、自分の目。。。。

これ、かなり有効な手段です。。

私のブログをいつも見て下さっている方だけに、

特別に、お教え致します。。(笑)


でたらめ。。

さて、山門工事、着工いたしましたぁ!

が???

入札で落札した業者が、でたらめ。。。

仕事は・・・・・

蓑甲の落ちも、でたらめ、

野垂木の、ラインもでたらめ。。。

な~んとなく、千鳥。。。これが、社寺だ!!

家の下職の瓦屋は、これで、綺~麗に葺く。。。

私も、さんざん、このような場面に、出くわしまして、

かなり、無理難題を押し付けられました。

これが、ストレス。。。

まぁ、この歳になりますと、棟梁の顔は潰さない。。。

元受業者の顔を立てる、、は、百も承知ですが???

妥協出来ない所は、勝手にやります。。

だって、職人だもの。。。(笑) 。後悔はしたくない!!

本来、大工棟梁のラインは、忠実にしなければいけない。。

これが、下職の、生きる道。。ですが??

でたらめな、ラインを、修正してやるのも、下職の務め。。。

↑ここ重要。。

まぁ、良いラインを、下手糞下職が、壊すのも、ありますが??

↑ここ重要。。。

破風板の、弛みより、野垂木の曲率が、強い!でたらめのライン↓DSC02883.JPG

しかも、てきとーなライン。。な~んとなく、千鳥。。。

こ~んな時は、大幅なる、メスをいれます。大手術です。

このような事を施しますと・・・・・

下職の場合は、大絶賛される確率20パーセント

クビになる確率80パーセント。。

一般の皆様には、お勧め出来ません!!(笑)

ま、元々、お寺さんから依頼されたので、

器量目一杯でやんないとね♪(笑)男がすたる。。。

ダメなものは、ダメ!!

大幅なる、ライン変更・・・↓DSC02886.JPG

DSC02889.JPG

DSC02890.JPG

DSC02892.JPG

はい、桟木の厚みで、調整しています。。

5厘刻みで、測定し、自動カンナで、分をそろえて、

絶妙のラインを出します。。

歩きずれーじゃねぇ~か!馬鹿野郎!!

↑まぁまぁ、自業自得。。(笑)

その昔の、先人葺き師が、土の量で、加減し、葺きあげたように・・・

DSC02894.JPG

蓑甲部分も・・↓

DSC02898.JPG

こ~んな感じ。。。

大幅なる微調整と言うより、大幅なる、改造(笑)

長年の勘と、経験で、ビしっ!っとクリア出来そうです。。

とりあえず、軒瓦取り付け始めまちた。

3寸5分ツヅ入り唐草を、ご覧の通り・・・↓DSC02901.JPG

DSC02905.JPG

取り付け始めましたぁ。。

いよいよ、明日は、蓑甲編です(笑)。んじゃ。。。


山門瓦葺き準備。。

本日も、またまた、今度は、こっちのお寺さんです。

完全に、人間界から、見放された,お洒落な屋根です。(笑)

以前から、準備していました、このお寺さんの山門工事。。

DSC02869.JPG

DSC02870.JPG

や~っとこさ、おっ始めます。。(笑)

この辺の記事参照→・・・・

この急勾配の、田舎お寺の山門の復元工事

さて、お洒落な屋根。監修。。

どうなります事やら・・・・・・?乞うご期待です。

田舎お寺ならではの、この味。。。

大事にしたい所ですね♪

53判面取りで、棟は、低くして、耐震棟で、施工いたします。。

っと、下手な見積もり持ってきた、輩も多い中。。

完全に意地を張るお洒落な屋根。。。

ここが、仕事よりも、一番むじゅかちい所。。。

銭・金・マニュアルじゃないのよ~ん!だ!!ば~か!!

今回は、56判切り落ち。4寸5分足にて、復元いたします。。

勾配が強いと、間延び感が、生まれます。。

ここんとこ追求しないと、日本瓦の未来はありませんね♪

んな訳で、本日、瓦桟木打ち。。。↓

DSC02874.JPG

DSC02876.JPG

既存に忠実に、4寸5分ピッチ。。。。

平板瓦の倍の本数。。。(笑)

めっきり、日が詰まったので、暗くなっちゃったので、

後は、後日、桟木の高さ調整をいたします。

今まで、の味を残しつつ、+αの施工で、望みます。。

関東流。。。意地を張らないと。。。。ね♪


土の良し悪し。。

本日も、お寺さんの、本堂の漆喰塗り替え工事。。

じゃ~ん!↓DSC02859.JPG

↑築50年。雨漏りしちゃって、10数年前に、瓦葺き替え。。

今回は、この部分が気になる。。。↓DSC02860.JPG

あっちゃこっちゃ漆喰の剥がれ・・・・

施工したのは、我々の大先輩。。俺知ってます。

10数年前なら、南蛮漆喰もあるはず。。。

しかし、このような、大御所は、土にこだわる。。

南蛮は腰がないとか?汚れるとか、屁理屈をこねる。。

袋詰めの土は、この当時から、良質の粘土に恵まれず、

衰退の一途なのに、その意味すら分からない。。

見てみ、このざま(笑)↓DSC02861.JPG

ん~ん!ダバダ~ぁ♪ネスカフェゴールドブレンド。。。(笑)

DSC02862.JPG

これは、経年劣化ではなく、知らないが為の人災です。

私より上の世代は、土こね3年。。。っと言われる、下積みを

経験し、粘土の良し悪しは、体で覚えます。。

その後、袋詰めの土が出来て、土こねから、解放されました。

その時は、画期的だったなぁ??←思いでにふける、お洒落な屋根(笑)

始めは良かった。。瓦になる粘土で作っていたから・・・

その後・・・我が、埼玉県深谷地区・・・良質の粘土が採れなくなりました

袋詰めの土のメーカーさんも、あっちこっちの土のブレンド。。

そうです。ゴールドブレンド。。ん?違う(笑)

品質が下がったことすら気づかない、下積みのない輩が、

施工した、物件が、今回の震災でも、やられています。。

これでは、ダメだ!!っと、いち早く南蛮漆喰の開発に

務めた、先代社長。。

でも?土に、こだわると言う人の為に、以前通り、土の製造もします。

でも?今まで様な、良質の粘土がないため、品質は、

はっきり言って、落ちます。。是非南蛮漆喰を・・・

っていう考え方。。。

土こね3年から、やった経験のある人間は、

おのずと、品質の違いは、分かります。。。

が??この、大御所。。。歳はとっていますが?

この経験のない人。。。。

ま、お寺で、万十、削ぎ53判、猫熨斗で、反らせて、

削ぎ熨斗の入れ方も、2の鬼の付け方も、でたらめ。。。

このような人が、社寺を語るのだから、始末に悪い。。

やれ!ガイドだ!やれ!鉄筋だ!っと、ほざいている

人が、未だに、袋詰めの土の、ボッチ置きで、

施工しているのも、考えものですね♪(笑)

そうなんです。土の良し悪し。。

見極める力も、技術です。。

左官の、土壁が少なくなったのも、土を見る目が、

ないからです。。

んな事言ってても、しょうがないので、

漆喰塗り、漆喰塗り・・・・っと、

あれ??かっぽじいてたら・・・・↓DSC02867.JPG

↑土が、なくなってしまった。。。。

しょうがねぇ!南蛮漆喰に、セメントを混ぜて・・・

漆喰塗りではなく、土入れ替え工事に変更。。(笑)↓DSC02868.JPG

鏝で、ちまちま、混ぜてるのでは、めんどくさいので、

鏝ならぬ、お手(笑)で

ゴム手をはめて、ぐっちゃんぐっちゃんに混ぜ合わせます。

それを、骨材に、白で仕上げます↓DSC02863.JPG

白は、汚れますねぇ。。

ウエスを、持ちましょうね。これ必須です。(笑)

DSC02865.JPG


マーブル。。(笑)

本日、谷板金入れ替え工事、棟ジョイントもすべて完了いたしまして、

これで、雨漏りとも、おさらば出来ます。。。

んじゃ、さらば・・・っと、とっとと仕舞えばいいのですが?(笑)

変な所に目が行く、お洒落な屋根。。↓DSC02851.JPG

こ~んな個所が、数十か所。。。

ここ・・・UPで↓DSC02852.JPG

そう、棟漆喰(むねしっくい)の剥がれです。。

以前も、書きましたが?築33年。。このような個所も、

点検の時期に来ています。。

ついでに、ちらっと、直しておいてあげます。。

見て見ぬふりは出来ない。。だって、職人ですから・・・(笑)

↑おいおい、また、そんなことして、見積もってないんじゃないの??

損をするぞ!!

っと、黒い俺が叫んでいますが???

白い俺が・・・

やってやれ!どおせ梯子と、屋根足場かけたついでだから!!・・・

と、言うので、やってやる事に致しましたぁ。

↑人相、言葉使い、が、悪いくせに、お人好しな、お洒落な屋根

・・・自分で言うな!!ば~か!(笑)

さて、やると決めたからには、じゃんじゃんやっちゃいます。。

じゃ~ん!↓DSC02853.JPG

ご覧の通り、傷んだ箇所を、かっぽじいて、お掃除して、

新しい漆喰を詰め込みます。。

ここでの注意ポイント。。。

部分修理の為。。。色合わせが必要になります。。

一見白に見えますが??これは、鼠(ねず)

元々は、松煙を入れた、灰色の漆喰でした。

これが、33年の年月により、白く変色したものです。。

ここに、黒や、白を入れては、違和感があります。。

いかにも!直してやったぜぃ!!って、感じになってしまいます。

今の時代、いかにも!!を押し付けて、お金を頂くのを、

美学とする、輩が、多いのにも困りものですがねぇ??

さて、復旧です。。

こ~んな感じに、黒と白。。。

ん?また、黒い俺と、白い俺の、喧嘩か??

いや、違うのです。。これです

じゃ~ん!!↓DSC02855.JPG

黒い漆喰と、白い漆喰を用意します。。

ここで、セメント、その他、当社極秘の調味料(笑)を入れて

ブレンドします。。

ほ~ら!↓DSC02856.JPG

ん~ん!マンダム!!じゃなくて、ん~ん!マーブル…(笑)

これで、準備OK!塗り込みます。。↓DSC02857.JPG

↑これで、乾いて、ちょいと時間がたてば、ばれません!!

ま、何事もなかったように、直すか?いかにも!!をアピールして、

お金が、頂きやすいようにするか?

それは、貴方の自由です。。(笑´∀`)ヶラヶラ

 めっかんないように、ばれないように、心がけていたつもりですが??

住職さん、奥様に、めっかってしまいましたぁ。。

山田さん。。。続いて、本堂の漆喰。全面塗り替えお願い出来ますか?

だって。。。

んじゃ、道具、梯子、足場、片付けるのもめんどくさいので、

明日、続けてごやっかいになります。

ってな訳で、明日も、お寺さんです。。

明日は、マーブルじゃなくて、白で行きます。。(爆)


下手なジョイントはしんどい。。(笑)

本谷入れ替えも終わりまして、本日の作業は、

いよいよ、棟積みです。

既存部分がある為。。。ここに絶妙に、ジョイントしなければ

いけません!!

昨日の記事参照

棟幅1尺。。。熨斗瓦9段+素丸。の、丸共10段積み

かなり、ひょろひょろ積み。。

だいたい、このような棟積んでる奴に限って、

やれ!ガイドラインだ!やれ強力棟だ!、やれ鉄筋だ!

っと、おっしゃいます。。(笑)

とりあえず、ビフォー↓m_DSC02810-d0b61.jpg

かなりしんどかったので、仕上がりが、暗くなっちゃいましたが??

アフターぁ↓DSC02847.JPG

DSC02848.JPG

棟幅は、ジョイントの為、変えられませんが??

棟の、ぶった切り、尻切れトンボは、クリアしてやりましたぁ。(笑)

棟は、踏ん張れよ!!

それと、美感は大事だぞ!!

ガイドラインに、是非、棟幅、美感を入れてほしい、

お洒落な屋根です。(笑)

16段、ひょろひょろ積みで、でんぐり返して、OK!じゃ、

ダメなのよ~ん!!だ!!わかんねぇーか!!(爆)


本谷板金入れ替え

昨日の予告通り!本日の仕事は、本谷板金入れ替え工事です。

瓦を、番号をふって、剥がし。。。 

応急処置(ボンド)をしておいた銅板をはがしまして↓DSC02829.JPG

昨日から、準備しておきました

板金。。を・・・・・・

こ~んな感じに下準備して・・・↓DSC02828.JPG

じゃ~ん!!DSC02830.JPG

またしても、銅板。。。???

ベテラン板金屋さん・住職さん・大工さん・檀家さん・

そして、私、お洒落な屋根とで、協議の結果。。。

銅板と決定致しましたぁ。。

雨樋も、銅板。。ここで、ステンレスに入れ替えても、

歴史がない。。。異種金属の電気腐食も問題だ。。

職人たるもの、自分の知識。。諸先輩方の、こりた経験。。

今回のような屋根の場合。。

かち合い箇所3か所。。ステンレスでは、なじみが悪い。。

ベテラン板金屋さんの選択で、コンマ4銅板。

そうです、以前の谷は、コンマ3。。

んな訳で、一番長い所、4間(7メートル強)。。

1本。継手なしで、折って頂きましたぁ。

しかも、千鳥屋根。絶妙のカーブがあります。。

この時の注意点は、あまり、釘留めしない事。。

そう、板金は、伸び縮するのです。。

決して、手抜きではないのよん!!

やれ!何センチピッチで、釘を打てだの、

棟に、鉄筋棒入れろだの、現場の事もわからないで、

能書きたれる、アンポンタンとは、次元の違うお話です。。

さて、ここで、重要ポイント。。。かち合い箇所

そう、昨日お話した通り、1級河川を、掘りっこに流す箇所

こ~んな、配慮が必要です。。↓DSC02834.JPG

そう、下葺きルーフィングを2重に敷いて、

じゃ~ん!!DSC02831.JPG

こ~んな感じに、雨樋まで、

DSC02833.JPG

DSC02839.JPG

捨て銅板を、入れまして、

DSC02841.JPG

瓦を葺きます。。↓DSC02843.JPG

銅板に穴をあけないように、

ホルマル銅線。ステンレスてっぺんビスを駆使して。

慎重に、葺いていきます。↓DSC02844.JPG

これで、大丈夫です。。(たぶん)

この辺の記事参照

本日、ブルーシートと、仮伏せをしてきたので、

さて、明日は、瓦復旧工事です。。

どこまで、はかどりますやら・・・(笑)


これぞ!関東流。ん?

昨日、こっちのお寺さんの、修理も終わり↓DSC02803.JPG

本日は、次なる、こっちのお寺さんの、雨漏り修理に参上いたしました。

人間界に、見放された、お洒落な屋根です。(笑)

DSC02810.JPG

築、33年、銅板の谷の、穴あきによる、雨漏り・・・

最近、多い、修理です。。

しっかし、見て・・・ここ。。。↓DSC02806.JPG

削ぎ熨斗(捨て熨斗)の摩訶不思議な配置。。

誠に申し訳ありませんが??

関東流。。。(笑)

これが、お寺だ!これが、関東流だ!!

ちょっと、違う気がするのですが?先輩には、逆らえない。。

このジレンマ。。

このような、お寺さんが、多い、私達の地方。。

山門だって、すっごいんだよ。ほ~ら!↓DSC02816.JPG

も~っと、昔の、袖塀↓DSC02818.JPG

これは、味があります。。ね♪

さて、このラインは変えられませんが、

谷入れ替え工事↓DSC02813.JPG

八谷、2か所、計4本。。

棟が、からんできますので。。本日、剥がして来ましたぁ↓

DSC02820.JPG

↑ご覧のように、階段式に、剥がします。。

ここで、注意しなくてはいけないのは、この作業↓DSC02823.JPG

そう、ジョイント部分を、電ドルで、穴をあけ、ステンレス釘で、

ご覧のように、下の、熨斗瓦と、ひっつるめておきます。。

後日、復旧の際、とても楽ちんだからです。。

この作業をしないで、大工さんや、板金屋さんに、

無理矢理、剥がされたのでは、上手く、復旧出来ません!!

ま、現状維持の、ストレスのたまる復旧ですが?

僕、頑張ります。だって、棟が、ひょろひょろ、なんですもの。。(笑)

あ、そうそう、この雨漏り・・・・

単なる、銅板の、穴あきだけはない!!

そう、この箇所。。。↓DSC02814.JPG

谷の出口の、かち合い部分。。。↓DSC02824.JPG

ほ~ら!UPで↓DSC02825.JPG

1級河川の水を、その辺の、堀っこに流すようなもの。。(笑)

いくら、歴史のある、瓦でも、ご勘弁頂きたいと、

この箇所の、瓦君が叫んでいます。。悲鳴が、聞こえます。

この訴えに、耳を傾けられるようでなけければ、

雨漏りは、絶~対に、止まりません!!

↑ここ重要。。

準備万端。。。

いよいよ、明日は、板金工事です。。

この辺の、納まりについて、興味のある方がいれば、

明日、時間があれば、写真付きで、公開いたします。。んじゃ


ミサイル完備。。

ミサイルを積み込みまして、本日現場に向かいました。

じゃ~ん!!↓DSC02796.JPG

追撃するのは・・・・・↓DSC02798.JPG

発射準備完了!!

っと言うのは冗談で・・・(笑)

それにしても、見事な飛行機雲。。。。お天気下り坂ですね♪

さて?ミサイルの正体は・・・・・・じゃ~ん!↓DSC02795.JPG

足場材料の、単管パイプ。。ですw(笑)

本日の作業内容は、とある、お寺さんの、軒先修理↓DSC02800.JPG

足場なしでは、おっかないので、自社で、足場を組んで、

DSC02799.JPG

こ~んな感じに、修理中。。。↓DSC02801.JPG

明日の、お天気の具合はどうかな?

ヒコーキ雲の通り、[雨][雨]かな?半日位もつかなぁ??


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。