So-net無料ブログ作成

25センチの妙

まだまだ、暑い日は続きますねぇ?

DSC02289.JPG

いつまでも、冬眠(ん??)している訳にはいかないので(笑)、

仕事します。

久々の新築工事だぴょ~ん!↓DSC02288.JPG

使用瓦は、F型?M型?

ま、2山タイプの、マットブラック色です。。

どのタイプになさいますかぁ?

どの色になさいますかぁ?

お施主様の好みで、お選び頂けます。。

親切・丁寧・見積もり無料。。。弊社は、ガイドラインで施工いたします。

00瓦店。。・・・・・・・

違っがんべぇ!

ここんとこに、気付かなければ、粘土瓦の、明るい未来はない!!

屋根に登って、[カメラ]を、パチリ!↓DSC02295.JPG

新興住宅地。。まわりのお宅。

↑屋根材も、平板瓦(へいばんかわら)のオンパレード!!

しかし・・一番手前の、すぐ前のお宅の屋根と、あちらのお宅の屋根。。

センスの差で、手前の勝ち!!

何処が違うの??↓DSC02291.JPG

これは、〇キスイハウスオリジナル瓦です。

技術の差が出る、ケラバ箇所も、↓DSC02297.JPG

↑こ~んな、破風と一体型の、ケラバ板金で、スッキリみせる、

既製品を用意しています。

しかも、寸法も、横幅。25センチの瓦です。。

通常・303とか?306とか?ま、言うなれば、尺を基本にした

設計に走った、我が、瓦業界。。。

これを、馬鹿の一つ覚えのごとく、各社皆~んな仲良く、

まねしんぼ。。。(笑)

瓦は、焼き物だから、多少の、ねじれや、寸法の誤差は、

しょうがない。。。

これは、私も、元窯元の倅だからよ~くわかる。。

そこは、屋根屋さんの、技術で、カバーするのが、職人!!

だと思っていましたが??

事、ハウスメーカーにしてみれれば、施工技術の差はいらない。。

むしろ、差があってはいけないのである。。

ぐれた、職人根性なんてのは、迷惑な話です。。

ここで、セ〇スイハウスが選んだ瓦寸法は、25センチ。。

この寸法で、製造出来るメーカーを募集。。

今の瓦製造技術、機械力なら、可能な注文。。

しかし?どうして?25センチなのか??↓

DSC02293.JPG

ここが・・・さっすが、セキ〇イハウス

技術の差ではなく、頭の差。。。。

お隣さんの屋根↓DSC02292.JPG

廻り隅。谷瓦。葺き下げ箇所の、ケラバの納まり。。

これもすべて、設計室での、割り付けによるもの。。。

あとは、図面通りに、並べるだけ。。。

綺麗に納まってますよね♪

ここが、瓦寸法、25センチの妙。。

あっ、そうそう、25センチは、1メートルで、4枚。。50センチで、2枚。。

後は、3平方の定理で、デスクワークで、シュミレーション。。

頭の良い、設計士さんなら、簡単です。。

我が業界も、1ハウスメーカーに負けず、もちょっと、勉強しないとね♪

ここまで、やっつけられちゃぁ。頭の悪い当社は、

平板は、あきらめて、和型1本でいこうかなぁ??(笑)

25センチの妙。。勉強せんといかんかな??(笑)DSC02296.JPG


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。