So-net無料ブログ作成
検索選択

誤診

今日は、私の雨漏り修理の現場の帰りに、

若手のホープA君の現場にお邪魔いたしました。

A君も、雨漏り修理です。しかも、お寺です。

ま、こ~んな感じの、田舎お寺。。↓DSC01992.JPG

雨漏り箇所は、この、かち合いの谷付近。。。

我々、経験している、プロなら、原因はわかりますよね♪

若手のA君も、原因は、わかっているのに、

年配の、元受棟梁さんと、板金屋さんとの協議の結果。。

こ~んな感じに、↓DSC01989.JPG

谷を、広げる工事の、剥がしちゃった箇所の復旧工事依頼らしい。。

元は違う。。根本的に間違えてる。。。っと何度も訴えているのに、

板金屋、棟梁が、早くやれ!!

生真面目なA君。。言われた通りに納めるのも職人。。

ですが??しかし?納得がいかない。。。

んな訳で、私に相談。。。。

ってな訳で、現場に行ってあげました。。

この箇所↓DSC01990.JPG

急勾配の本堂からの雨水を、4寸勾配の、ハイシロバーの、

1列、2列で、のませるのは、かなりしんどい。。

しかも、雨どいなしで、ダイレクトに、この、側に、集中豪雨。。

これじゃぁ、いくら、1400年の歴史の、粘土瓦でも、

不可能です。。

私が、憎まれるのを、覚悟で、A君の元受、棟梁・板金屋に、

五重塔の、下層に、受け平があるように・・・・

利根川の水を、備前堀・唐沢掘に流すような事。。

下地から、直して、受け平を入れて、雨どいも、考慮する。

万が一に備えて、万全の体制を整える。。

これが、プロってもんだぜぃ!!

見て見!こっち側の軒天だって・・・↓DSC01988.JPG

ボロボロだぜ!!(笑)

下手糞連中が、何度直してもだめ。。。

一発、的中で、明確な、適切な、修理が、必要です。。

それが、プロってもんだぜ!!(笑)

元受さんにの、配慮も必要ですが??

誤診を見逃しては、いけない!!

つっぱる所は、つっぱらないと。。。

つっぱりきれない、現実もわかりますが??

信念を貫く、努力も必要です。。

ま、これが、にゃかにゃか出来ないのも、現実ですがね(笑)

参照記事http://osharenayane.blog.so-net.ne.jp/2007-09-05

      http://osharenayane.blog.so-net.ne.jp/2007-08-29


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。