So-net無料ブログ作成
検索選択

破風屋(笑)

昨日、忘年会で、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]飲みすぎちゃってからの記事で、

意味不明の思わせぶりな記事を書いちゃったので、

今日書きます。。

この仕事は、本掛け破風、付けた事ないし、自信もないので、

私に、是非付けて欲しいっとの、同業仲間からの、依頼物件です。

んな訳で、私の工法マル秘、大公開です。。(笑)

まぁ、とりあえず、電話で、このように、野地を指示致しまして↓DSC00125.JPG

↑ご覧のように、破風の裏甲の線で、1尺で、水平に作って

頂きましたぁ。

そう、野地の線、破風の線、の違いによる野弛み(やだるみ)

ここに生じる誤差が、蓑甲(みのこう)です。。

これを、どのようにクリアするか?が職人ですね(笑)DSC00126.JPG

通常であるならば、野地の線、破風の線の、約中間支点を

唐草の尻当てに選択するのが、オーソドックスで、間違いのない

工法ですが??

今回は、この大きさでありながら、軒と、棟の開き(かむり)が、

4寸っと言う、大それた屋根(笑)でした。

きっと、江戸時代の若き棟梁が、気合い入りすぎてエスカレート

しちゃったんでしょうね♪気持ちは、わかります。(笑´∀`)ヶラヶラ

さて、ここで、教科書通りに、取り付けますと、更に開いて(かぶって)

見えます。。

これでは不合格ですね♪

よって、今回は、じゃ~ん!!↓DSC00128.JPG

蓑甲を破風同勾配での取り付けです。

この時の注意点は、真ん中付近の絞りは、不要です。

出鼻を、同寸法にて、取り付ける事です。。

ま、こ~んな感じに完成!です。↓DSC00132.JPG

DSC00135.JPG

DSC00136.JPG

これで、私、破風屋(笑)の仕事は、終わりです。

使用瓦は、↓DSC00129.JPG

切り落ち両2寸だそうです。。

上と下の地割りが、3分違いの割り込みです。

サンダー片手に葺いちゃってくださいませ。。(笑)

明日は、私は、蔵の、刻み袖の現場の、合端に、戻ります。。

この状況ですと、来年、棟積み屋として、お呼ばれされちゃうかな?(笑)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。