So-net無料ブログ作成

御用納め

♪ ピンポンパンピンポ~ン♪

2011年当社、山田瓦店の業務は、昨日30日をもちまして、

終了いたしました。

さて、2011年最終日の仕事は、↓DSC00187.JPG

刻み袖の、合端作業です。

じゃんじゃん刻んできましたが??

4本のうち、3本までしか、刻めませんでした。。(笑)

こ~んな感じ↓DSC00183.JPG

DSC00185.JPG

後は、来年のお楽しみとさせていただきます。(o≧▽゚)oニパッ

お施主様も、お仕事お休みで、お茶休みに、

こ~んなの見せて頂きましたぁ。じゃ~ん!↓DSC00179.JPG

↑これは、箱火鉢の、中身。。昔の銅板(私の手でさわって、約1ミリ)

明治の職人さん、いい仕事してありましたよ!!

んで、灰・炭が入る方は、↓DSC00181.JPG

↑こ~んな感じです。。

職人技って、後世に、な~るほど!!って、うなづかせる

仕事しとかないとね♪((*´∀`))ウキャキャ

んで、これ!↓DSC00190.JPG

↑これは、本葺き素丸を、玉口緊結する為の、ホルマル銅線

兼業農家のお施主さん!!田植えは、プロなので、ご覧の通り、

野地に田植えしていただきました。(笑)

残りの分は、↓DSC00191.JPG

私が参上する前に、お正月休みに、植えといて下さいませ。(爆)

さぁ、私のブログを、いつも、ご覧下さっています、全国の皆々様

数々のコメント、誠にありがとうございました。。

ホント、感謝いたします。です。。

良いお年を・・・・  BYお洒落な屋根


お着物小屋(笑)の屋根完成!!

ん~ん!早仕舞いの為、早くから[ビール][ビール]飲んじゃったので、

言葉が悪い!・「お着物小屋」←お・を付ければいいと言うモノではない(笑)

淡路島だって、玉ねぎ小屋があるんだから・・・←だから何??

 何が何だか、[ビール][ビール][ビール]飲みすぎちゃって、こんがらがっちゃてる

ヨッパじじいのお洒落な屋根です。。

ま、昨日書いた。着物のお家の屋根完成!いたしまちたぁ

じゃ~ん!↓

DSC00171.JPG

DSC00172.JPG

ほ~ら!完成!だぴょ~ん!↓DSC00174.JPG

DSC00175.JPG

DSC00178.JPG

DSC00173.JPG

年内お約束通り!完成!いたしました。

同じ2山でも、お隣のセメントとは違いますね♪←大きなお世話、一言よけい。。(笑)

年内残り2日。。明日は、刻み袖の合端に行って来ます。

刻み袖刻んで、取り付けて、平葺いて、丸伏せて、鬼瓦取り付けて

棟積んだ所で、いくらか早くも、早仕舞いさせて頂きます。。

だって、年末ですから・・・・・(爆)

冗談はさておきまして、刻み袖、刻めるだけ刻んで、

後は、来年のお楽しみとさせて頂きます。。んじゃ。。


粘土瓦が一番です。。

昨日から、今年最後の新築工事。。

このお家は、結婚式の、ウエディングドレスや、着物などが入る、

貸し衣装屋さんの、倉庫です。。

何ぃ??予算がない!!??

んじゃ、ガルバ(板金)にでもしろ!!俺はやらない!!

っと、いつも通り!!啖呵を切った、

いんごう職人、お洒落な屋根(笑)ですが??

元受さんも、お施主さんも、屋根は、どおしても?「瓦」っとの

こだわりで・・・・・

カビが生えるようなお家じゃ、商売道具が・・・・

本来であるならば、私が今やってる、土蔵のような造りがベスト

なんでしょうがねぇ??

んな訳で、使用屋根材は、天然素材、粘土瓦。。

エビス瓦工業㈱社製モニエース。オリーブグリーン色です。

じゃ~ん!↓DSC00158.JPG

んで、本日平葺き↓DSC00160.JPG

じゃんじゃん葺いちゃいます。。。

下では、アスベスト屋さん(笑)が、吹き付けしてまちた。

ん??

まぁ、こ~んな感じ↓DSC00162.JPG

DSC00163.JPG

昔は、学校の工事なんか、鉄骨に、ガンガンアスベスト吹き付けて

たもんね♪(笑)

おい!アスベスト屋!!って言ったら、苦笑い。。

ウレタン屋さんなんでってさ。。。(笑)

最近このような断熱増えてますね♪

まぁ、こっちは、屋根の上。大工さんが、作った、通気層に、↓DSC00161.JPG

棟換気取り付けての工事です。

屋根素材は、地球に優しいだの、エコだのほざく前に、

とりあえず、粘土瓦が一番です。。

ま、お施主様の、美容師が、選んだ、オリーブグリーン色は、

これ!↓

DSC00164.JPG

平葺きも終わって、棟積み準備↓DSC00165.JPG

そうそう、美容師さんは、このグリーンを選ぶ傾向にあります。

(当社分析)・・・過去3軒ありまちた。(笑)

ま、んな事は、どうでもいいのですが??

カッポン4個付けて↓DSC00170.JPG

本日の作業は、終了です。。

明日終わるんべ。。。。

着物に、ウエディングドレスに優しい、粘土瓦。。

歴史は伊達じゃない!!。。。

近年、こ~んな事すら、わからないアンポンタンな、設計士、建築屋、が

多いのにも、やれやれ ┐(´~`;)┌ こまったねぇ(笑´∀`)ヶラヶラ


今年最後

今年も、あとわずか・・・

一年の経つのが、めっちゃ早く感じる、年寄りのじじいです。(笑)

さて、当社山田瓦店も、いよいよ、大詰め。。。

この新築を残すのみとなりましたぁ。↓DSC00145.JPG

さて?問題です。。

この使用瓦は、何~だ??↓DSC00147.JPG

本葺きの葺き足から見れば、倍以上のピッチ。。。(笑)

まぁ、明日からの準備をいたしまして、

年内見積もりの現場へ・・・・

雨漏り修理です。↓DSC00148.JPG

DSC00149.JPG

この、本谷付近からのバシャ漏れ・・・

葺き替えを、とりあえず、見積もってみますが??

応急処置になりそうな雰囲気むんむんです(笑)

ま、当社200年保証は付きませんが??

雨漏りを止めるくらいなら、お茶の子さいさいです。。

だけろ、このよじけ方・・・・↓DSC00150.JPG

↑かなりカーブしちゃってますでしょ??(笑´∀`)ヶラヶラ

さて?どうなることになりますやら・・・??

いづれにしましても、来年の工事です。。

帰りに瓦を積んで来ましたし、

明日は、いよいよ、年内最後の新築工事です。。

ビシッっ!っと仕上げて、年内御用納めの予定です。んじゃ!ニコ(*^_^*)ニコ


ダイヤモンドシェーバー

今日は、現場に、[カメラ]カメラ忘れちゃったので、記事なしにしようか?

っとも思いましたが??

携帯[携帯電話]カメラでの画像がありますので、書いちゃいます。。(笑)

今日の仕事は、例の本葺き蔵工事の、刻み袖の合端です。

じゃ~ん!!↓2011122512310000.jpg

securedownload.jpg

ま、携帯画像なので、ビシッと!した画像が、お見せ出来ないのが

残念です。。(笑)

よって、本日。罪として、いつも私のブログをご覧下さっています

良い子の皆さんの為に、一つ、重要な情報を公開いたしましょう。。

マル秘大公開ですので、( ..)φメモメモのご用意を・・・・・

今回、この道30年の、歳だけは、ベテランの私が・・・・・

あれだけ、嫌っていた、ダイヤモンドシェーバー・・参考資料→

今回始めて買ってみまちた。。↓2011122512320001.jpg

んでも?ここが違うんです。。 本音を書きます。。

以前、数多くの、仲間の屋根屋さんから借りて、使ったダイヤモンドシェーバー。。

にゃかにゃか思い通りに擦れないので、高いお金を出して、

この切れ味じゃ、魅力がない!!っと諦めていたのですが??

今回、刻み袖、大幅なる面取りをしないと目欠けの危険性がある!!

っと、判断した私は・・・・

いちゅもの、副資材屋さんに相談した結果。。。。

この、ダイヤモンドシェーバー(ダイヤ砥石)番手があるようです。

私が借りて、使用したシェーバーの番手は80番だそうです。

俺知らなかった。。。そもそも、番手(目の細かさ、荒さ)がある事すら

知りませんでした。。

今回私が、特注で、作ってもらった番手は、ずばり!!これ!!↓2011122512330000.jpg

40番だぴょ~ん!!(笑)

ダイヤモンドの粒子が粗く、私のような、大雑把、気短人間に

とっては、本日始めて使用いたしましたが???

かなり、グウでしたよ~ん!。。

ダイヤシェーブ。。40番手。お勧めの一品です。

あっ、そうそう、ダイヤモンドのカラット数が多くなりますので(笑)

お値段は、多少お高くなりますので、ご了承くださいませ!!

私が知らなかったので、私のブログをご覧の皆様に

ご報告したくて・・・・・。もし?知っているいる人いたら、

スルーして下さいませ。。

私が心配した目の粗さによる、バリバリ感。。

ありませんでした。

これは、かなりのアイテムになりそうな予感がいたします。。

シェーブ40番。技能グランプリなんかでも、

かなり活躍しそうな予感がいたします。

あっ、俺は、きめ細かい綿密な作業をするから

80番が良い!!っと言う方は、どうぞ!じゃんじゃん、

こすって下さいませ!(笑)

ちょっとした、マル秘大公開でした。。。んじゃ。。


破風屋(笑)

昨日、忘年会で、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]飲みすぎちゃってからの記事で、

意味不明の思わせぶりな記事を書いちゃったので、

今日書きます。。

この仕事は、本掛け破風、付けた事ないし、自信もないので、

私に、是非付けて欲しいっとの、同業仲間からの、依頼物件です。

んな訳で、私の工法マル秘、大公開です。。(笑)

まぁ、とりあえず、電話で、このように、野地を指示致しまして↓DSC00125.JPG

↑ご覧のように、破風の裏甲の線で、1尺で、水平に作って

頂きましたぁ。

そう、野地の線、破風の線、の違いによる野弛み(やだるみ)

ここに生じる誤差が、蓑甲(みのこう)です。。

これを、どのようにクリアするか?が職人ですね(笑)DSC00126.JPG

通常であるならば、野地の線、破風の線の、約中間支点を

唐草の尻当てに選択するのが、オーソドックスで、間違いのない

工法ですが??

今回は、この大きさでありながら、軒と、棟の開き(かむり)が、

4寸っと言う、大それた屋根(笑)でした。

きっと、江戸時代の若き棟梁が、気合い入りすぎてエスカレート

しちゃったんでしょうね♪気持ちは、わかります。(笑´∀`)ヶラヶラ

さて、ここで、教科書通りに、取り付けますと、更に開いて(かぶって)

見えます。。

これでは不合格ですね♪

よって、今回は、じゃ~ん!!↓DSC00128.JPG

蓑甲を破風同勾配での取り付けです。

この時の注意点は、真ん中付近の絞りは、不要です。

出鼻を、同寸法にて、取り付ける事です。。

ま、こ~んな感じに完成!です。↓DSC00132.JPG

DSC00135.JPG

DSC00136.JPG

これで、私、破風屋(笑)の仕事は、終わりです。

使用瓦は、↓DSC00129.JPG

切り落ち両2寸だそうです。。

上と下の地割りが、3分違いの割り込みです。

サンダー片手に葺いちゃってくださいませ。。(笑)

明日は、私は、蔵の、刻み袖の現場の、合端に、戻ります。。

この状況ですと、来年、棟積み屋として、お呼ばれされちゃうかな?(笑)


本掛け(ほんがけ)のライン

私の今日の仕事は、

とある、お寺さんの、山門屋根工事です。。↓DSC00110.JPG

軒瓦付けて↓DSC00111.JPG

いよいよ破風です。

めんどくさいので、写真でどうぞ!!じゃ~ん!!↓DSC00112.JPG

DSC00114.JPG

DSC00115.JPG

ま、こ~んな感じに・・・↓DSC00120.JPG

瓦当(がとう)の線。。腹の線。。尻の線。。を。集中してのライン!!

明日は、反対側の破風、じゃんじゃん付けちゃいます。。

気が向けば、明日も公開します。。ので、

何処が?何で??どおして??が疑問の皆様

細かい質問等がありましたら、とりあえず、

ご質問下されば・・・お答えいたします。。(笑)

きゅい~ん!!のラインの割付。。。。

こりゃあ、教科書にも出てない。。でしょうね♪(笑)


本葺き軒瓦終わりました。

昨日の続き、敷平をば↓DSC00087.JPG

↑こ~んな感じに横合端しまして、んで、剣裏合端して、番号ふって

軒瓦、取り付け終わりましたぁ。じゃ~ん!↓DSC00089.JPG

スカートの下から、盗み撮り、[カメラ]パンちら写真マル秘大公開(笑)

法に触れないか?どうか?わかりませんけろ、[ビール]飲んじゃったので、

えーい!じゃ~ん!!↓DSC00093.JPG

髪の毛一本、入りませんが??←ほんとか??(笑)

出鼻が多く出ているので、微妙に光が漏れちゃうんだなぁ!これが・・・

軒巴が付いちゃえば、漏れなくなるのですが??

この敷平の微妙な隙間に、上から↓DSC00095.JPG

ボンド塗っておきまちた。

これは、かなり有効な手段です。(爆)

んで、いよいよ、袖瓦(刻み袖)の、準備↓DSC00097.JPG

平葺き4寸足、袖瓦約4寸7分足、なので、

瓦峠レベルが、違うので、またまたシュミレーション(笑)↓DSC00103.JPG

通常、普通の桟瓦(日本瓦和型)の時の刻み袖なら、

下げる努力をすれば、いいのですけろ、

本葺きの場合は、上げてやる努力をしないとですね♪

んな訳で、材木(貫き)の上張りのレベルで、OK!っと言う結論で、

貫がないので、本日の作業は、ここまでです。。(笑)

明日は、袖瓦下地を完成させて、

屋根の下で、合端台を作って、刻み袖の合端に入ります。です。。んじゃ


本業開始!!

さて、日曜日お休みさせていただきましたが????

土曜日、お手伝いいただいております、お施主様に、

大きなお世話のようですが??

コンプレッサーの電源の、ON・OFF、鉄砲の釘の入れ方などを、

念のため、教えておきました所・・・・・(笑)

昨日、月曜日、現場に参上いたしましたら・・・・・

私が、墨を打った、縦桟が、仕上がっちゃってまちたよ~ん!

じゃ~ん!!↓DSC00067.JPG

DSC00068.JPG

お施主様が、息子さんと、打っておいて下さいました。。

上手に打ててましたよ。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

んな訳で、私は、この箇所↓DSC00070.JPG

ケラバ箇所の、下地を作ってきました。

袖瓦(ケラバ)は、今回、刻み袖(きざみそで)で行きます。。

お母屋を望む、蔵の下地↓DSC00072.JPG

そちて、軒瓦(のきがわら)の段取りをして、↓DSC00074.JPG

ご用がある為、早仕舞い。。。

んで、快晴の本日↓DSC00076.JPG

真正面の、日本一の、富士山監督のもと、いよいよ、

本業の、瓦工事に、突入です。。

唐草付けから、スタートです。。↓DSC00086.JPG

敷平を、合端(あいば)いたしまして、↓DSC00085.JPG

こ~んな感じに、取り付け開始です。。↓DSC00083.JPG

本日は、[携帯電話]が多く・・思いの他、はかどりませんでしたぁ。(笑)

↑ちょっと、言い訳(爆)


赤富士

私の、今日の仕事は、昨日の続き、瓦桟木打ちです。

じゃ~ん!↓DSC00055.JPG

足が、細っかいので、↓DSC00053.JPG

あんよが、健康サンダル状態(笑)で、痛い。。。((*´∀`))ヶラヶラ

葺き足4寸にての割付です。。

んで、横割付けまして、隅打って、縦桟も、↓DSC00056.JPG

↑ご覧の通り!進行中!!

ですが??冬至12月22日直前の今が、一番夕方日没が早く、

5時前で、真っ暗状態ですね♪

仕舞い寸前、真正面の、このお方・・現場監督の『赤富士』さんです

じゃ~ん!↓DSC00064.JPG

日本一に監督されちゃぁ、手抜きは出来ないですね(笑)

同じ埼玉県でも、ここまで来ると、富士山が、バッチリ見えます。

私の住所(埼玉県深谷市)からは、富士山は、見えません。。ので、

にゃんだか?嬉しいお洒落な屋根です。。

明日は、半端に、ご用がありますので、お仕事は、お休みさせて頂きます。

月曜日に続きをやります。。んじゃ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。