So-net無料ブログ作成
検索選択

お洒落な大工(笑)

今日は、予告通り!お洒落な大工(笑)に変身!です。。DSC09941.JPG

離れちゃった、垂木掛けを、ボルトにて、引き付けまして、

昔ながらの水盛り管で、水平を出しまして、(レーザーではない)

だって、水は正直ですから。。。。(レーザー持ってない)(爆)

新規に、垂木掛けを彫りまして、

桧(ひのき)芯持ち材2寸(60センチ)角を、カンナで削って、

現場で、ワックスをかけて、

1尺(30センチ)ピッチで取り付けです。↓DSC09940.JPG

DSC09942.JPG

そちて、杉化粧板、相じゃくり4分(12ミリ)を、打ち付けて。

更には、その上から、4分(12ミリ)の野地板を、うわ張りです↓DSC09943.JPG

こうする事により、2寸釘(65ミリ)打っても出ないんだよ~ん!!

歴史ある建物は、無垢に、こだわりたいですね♪

ま、私も、化粧野地の上に、構造用合板。。なんかも臨機応変で、

多用しますが??今回は、歴史ある蔵。。。

やっぱ無垢でしょう。。

今流行りの、太陽光発電。。。。適合野地は、

野地は、12ミリの合板が、〇。。。

今回のような、12+12=24ミリの無垢板じゃぁ×。。。

変なんだけろ、データーが・・・・・・????

おかしいよねぇ??(笑)

って、言いつつ、明日・明後日は、某メーカーの、太陽光発電

施工IDを千葉まで、取りに行って来ます。

矛盾してるでしょ??んだけろ、そうもいってられないのも

現実。。

問題は、その次です。。そこんとこが重要。。。

ブログは、んな訳で、お休みになります。んじゃ!行って来ます。。

 

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。