So-net無料ブログ作成

銅が??

棟積み替え工事が、本日、や~っとこさ、仕上がりましたぁ。

棟数の多い寄棟でしたので、手間が掛かっちゃったよ~ん!!

棟(出隅)が、多いっと言う事は、谷(入隅)も多い。。

この現場は、谷に、昔は、まんがん物・一生物・と呼ばれていた

銅板が、施されています。

が???

ここ、近年、この銅板が、だらしない!!!↓DSC09713.JPG

ほ~ら!↓DSC09714.JPG

雨だれ箇所が、妙に赤裸。。。。(笑)

この箇所が、段々薄くなり、更には、ティッシュペーパーみたいに

なり、穴が・・・・・空いてしまい。=雨漏り・・・・・

な~んて、事例が、多いですねぇ??

酸性雨?の影響とか?瓦の鉛の影響とか?色々言われていますが?

私が思うに、銅の精錬技術の進みすぎだと、思うのです。。

99・9%純銅では、緑青が噴きにくい。。

電子部品なら、いざ知らず、

銅は、多少混ぜ物が混入していた方が、逆に、建築資材としては、

ベストだったんじゃないかなぁ??っと、思う今日この頃です。。

今回も、どおせなら、思い切って、ステンレスに交換しようと

思ったのですが??

お施主様と、協議の末。。。

こ~んな結論に達しました。。

新築当時は、「銅は一生物」と思っていた。

ステンレスなら、絶対大丈夫か??っとのご質問に、

私、個人の考えですと、たぶん?大丈夫だと思いますが???

実績がないので、にゃんともいえません!!(笑)

事実、コンパネ・ベニヤ・が、もてはやされますが??

無垢にはかなわないでしょ??

瓦と、コロ、なんかも、いい例ですね♪

ま、ぐだぐだ書きましたが??

今回、これで行きます。。。

じゃ~ん!↓DSC09717.JPG

適度に、緑青の噴いた銅板に、違和感のない、モスグリーン色の

シリコンを、このように

雨だれ箇所に、↓

DSC09731.JPG

DSC09733.JPG

充填いたしまして、後は、指で、塗り塗り↓DSC09735.JPG

そう。これは、シリコンで雨水を止めるのではなく、

雨だれの、クッション代わりに使用します。

これで、かなりの延命治療になる事は、確実です。。

あっ!指が??

妖怪人間べム状態・・(笑´∀`)ヶラヶラ ↓

DSC09724.JPG

あっ!このような工事は、あくまで、患者さん、あっ、間違えました

お施主さんの同意が必要です。

だって、ちょっと、インチキ臭いですもんね♪

でも?理にかなった、工法です。

見て?↓

DSC09736.JPG

言われなければ、違和感ないでしょ??↓DSC09737.JPG

そだ!銅の雨どいの、穴あきも、

こ~んなので、ポイント修理した事がある↓

DSC09743.JPG

お洒落な屋根です。(笑)要は、ポイントですね♪

(●>∀<●)ノケッケケケ    ププププぅぁはははははっは


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。