So-net無料ブログ作成

断念いたしました。

世界遺産納め、韓国のチャンドックンや、法隆寺に見られます。

降り棟と、大棟の一体納め。。

チャンス到来か?っと、思われましたが?

今回、平葺き地割りが、下手糞なので・・・・・諦めまちたぁ(笑)

今まで通り!こ~んな納まりにいたしましたぁ↓DSC09672.JPG

見切りを付けて・・↓DSC09674.JPG

そうそう、この柄振り鬼↓DSC09675.JPG

柄振り台に対して、横っ広・・(笑)

家の方の鬼板屋の作です。

カエズ跨ぎと、一文字が兼用石膏型で、

跨ぎ鬼の足元を、切っ飛ばして一文字にすると言う荒業。。

さんざん手間受け時代に取り付けさせられまちた。

この鬼瓦の取り付けの注意点は、ここ↓DSC09676.JPG

DSC09678.JPG

DSC09682.JPG

柄振り台と、鬼瓦の間に、銅板が入ってるでしょ??

それは、どおしてか??

下から↓

DSC09680.JPG

跨ぎ鬼の、ぶった切りだから、穴が空いていて、

鬼瓦の中が、雀ちゃんのお家になっちゃうんだよ~ん!!(笑)

んで、こっちの降り棟↓DSC09694.JPG

今までは、やけに短い納まりでしたが、今回は、3枚分

延長してやります。

この長さは、法則ではなく、見た目の感です。(笑)

降り棟、熨斗3段+素丸なので、広く積むにも限界がありますので、

これが大事です。↓DSC09691.JPG

瓦くずを、念入りに砕いて、あんきょう排水の準備します。DSC09699.JPG

瓦かけも、針金で縛って、ずれないようにしておきます。。

この瓦くずですが?青銅とか・青緑は入れないでね♪

平板のくずも入れない方がいいですよ。(笑)

ま、何色でもいいのですけろ、私は、いぶし瓦には、いぶし瓦でいきたい

変な所が几帳面な、お洒落な屋根です。(笑)

後、降り棟1本、隅棟1本で完成!です。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。