So-net無料ブログ作成

十能(じゅうのう)瓦

今行ってる現場の、物置に、一部葺かれています「十能瓦」

今日は、この、「十能瓦」(じゅうのうかわら)について、書きます。。

まぁ、とりあえず、写真だ!

こ~んな感じの、瓦なんだぴょ~ん!!↓DSC09116.JPG

この十能瓦。。

私達の地域では、「じゅうのう」の、「う」は、発音せず、「じゅうの」

そう、「じゅうの瓦」(じゅうのがわら)って呼んでいます。。

じゅうの瓦・・この瓦は、小泉焼とも呼ばれ、

群馬県小泉。(現在の大泉町)で、生産されました。

、「十能瓦」の小泉焼として、徳川時代を最盛期に焼かれ、

昭和30年頃まで、焼かれていたようです。

家からは(埼玉県深谷市)利根川を、渡って、30分圏内。。

埼玉の、深谷瓦に対して、この小泉焼、じゅうの瓦。

ランク的には、一かく落ちます。

これは、私が、深谷瓦の窯元の倅だから・・・っと言う訳ではなく、

お施主様、納得の事実です。。

予算がないから、じゅうの瓦でいいや!!ってな具合。。

草屋根や、トタン屋根より、まし、程度の考え方。です。

高級住宅に、コロを勧める、欲ったかりの、アンポンタンとは、

次元の違うお話です。。(笑)

んだけろ、今では、めったに、お目にかかれない、

じゅうの瓦。。な~んとなく、味がありますw。

DSC09118.JPG

 「焼いた」っていうより、ただ、「あぶった」っていう感じの、

素朴感。。。

そうそう、 この、「十能瓦」

昔の道具の十能の形に似ているから・・・・こう呼ばれます。DSC09119.JPG

構造は、いたってシンプル。。1枚の瓦で、平を葺いて、

同じ瓦で、おっ被せて、完了です。

ケラバも、そのまんま↓DSC09129.JPG

葺き足が短いので、ちょっとセキガイ風。。(笑)

施工も簡単!!

ただ、並べて、おっかぶせるだけ・・・

こ~んな感じ↓DSC09126.JPG

だいたい、素人が、並べます。。

私よりも、年配の、お百姓の、親父さんの方が詳しい。。(笑)

この十能瓦。こ~んな形状です。↓

上(かぶせ)

DSC09125.JPG

 んで、ひっくり返して、

下(ひら)

DSC09124.JPG

面白い瓦だ!!(笑)

そうそう、この、「十能瓦」群馬県、大泉町のかるた

の所に出てます。。

karuta-e31.jpg

地域色むんむんの、地元だけの、瓦文化です。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。