So-net無料ブログ作成

破風屋(笑)

昨日、忘年会で、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]飲みすぎちゃってからの記事で、

意味不明の思わせぶりな記事を書いちゃったので、

今日書きます。。

この仕事は、本掛け破風、付けた事ないし、自信もないので、

私に、是非付けて欲しいっとの、同業仲間からの、依頼物件です。

んな訳で、私の工法マル秘、大公開です。。(笑)

まぁ、とりあえず、電話で、このように、野地を指示致しまして↓DSC00125.JPG

↑ご覧のように、破風の裏甲の線で、1尺で、水平に作って

頂きましたぁ。

そう、野地の線、破風の線、の違いによる野弛み(やだるみ)

ここに生じる誤差が、蓑甲(みのこう)です。。

これを、どのようにクリアするか?が職人ですね(笑)DSC00126.JPG

通常であるならば、野地の線、破風の線の、約中間支点を

唐草の尻当てに選択するのが、オーソドックスで、間違いのない

工法ですが??

今回は、この大きさでありながら、軒と、棟の開き(かむり)が、

4寸っと言う、大それた屋根(笑)でした。

きっと、江戸時代の若き棟梁が、気合い入りすぎてエスカレート

しちゃったんでしょうね♪気持ちは、わかります。(笑´∀`)ヶラヶラ

さて、ここで、教科書通りに、取り付けますと、更に開いて(かぶって)

見えます。。

これでは不合格ですね♪

よって、今回は、じゃ~ん!!↓DSC00128.JPG

蓑甲を破風同勾配での取り付けです。

この時の注意点は、真ん中付近の絞りは、不要です。

出鼻を、同寸法にて、取り付ける事です。。

ま、こ~んな感じに完成!です。↓DSC00132.JPG

DSC00135.JPG

DSC00136.JPG

これで、私、破風屋(笑)の仕事は、終わりです。

使用瓦は、↓DSC00129.JPG

切り落ち両2寸だそうです。。

上と下の地割りが、3分違いの割り込みです。

サンダー片手に葺いちゃってくださいませ。。(笑)

明日は、私は、蔵の、刻み袖の現場の、合端に、戻ります。。

この状況ですと、来年、棟積み屋として、お呼ばれされちゃうかな?(笑)


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

三州燻瓦

ご苦労様です。前回のコメント誠にありがとうございます。m(__)mそして東日本大震災の復旧作業ご苦労様です。僕にはブログの意味はわかりません。申し訳ありません。今、自分のできる事に精一杯です。ただ気持ちだけで同じ屋根には上がれないのは事実。和型の、下屋根付き切り妻、寄棟、入母屋屋根を完璧に伝授しなければ話になりません。いつも1つ、2つ上の仕事されるお洒落屋根さん(もっとかな???)憧れです。頑張ってください。失礼します☆
by 三州燻瓦 (2011-12-25 00:19) 

足袋人

お疲れ様です。
10列余りで4寸の開きとは又えげつないですね;
気合の入った棟梁の作品。屋根屋も負けないくらいの根性出してサンダー片手の仕事もいたしかたないかなと(笑)
でもこのくらいの大きさって何をしても楽しそうですね。
足袋人は超・タイプです↗↗↗
by 足袋人 (2011-12-25 19:31) 

お洒落な屋根

三州燻瓦さん>大丈夫ですよ、私レベルの職人なら、簡単になれます。
          だいち、私は、三州燻瓦さんの歳位の頃は、な~んも
          考えずの手間受け職人でしたから・・・・(笑)
          きっと、すぐに、追い越されれる事でしょう。。(爆)
          夢を、大きく持って、楽しく屋根は葺きましょう~ね♪ニコ(*^_^*)ニコ
          
by お洒落な屋根 (2011-12-25 20:18) 

お洒落な屋根

足袋人さん>いやぁ~!参りましたよ(爆)
        気合いの入りすぎも、やれやれ ┐(´~`;)┌ こまったねぇ状態ですw。(笑)
         ま、私的にも、正直、大好きな屋根ですが??
         今回は、破風屋っと言う事で・・・・
         俺だったら、は、数多くありますが??
         ま、実際、現実とは、こ~んなもんですよね♪。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。ギャハハ!
         あっ、それと、お電話での、数々のワンポイントアドバイス。
         本当にありがとうございました。。
         こっちは、ビシッと!行きますぜ!!ビシッと!・・・ニコ(*^_^*)ニコ
         
by お洒落な屋根 (2011-12-25 20:29) 

しんちゃん

疲れ様です[わーい(嬉しい顔)]

短い破風板に四寸の開きでは、掛瓦をさらに出す事は出来ないし、掛瓦の勾配を変えると、利根丸のラインや出寸法が少なくなるので、同勾配が良いですよね[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

私は勾配変化をさせて、貧弱な利根丸になり、今でも後悔しています[冷や汗]


飛鳥時代には、箕甲の落ちが少なく同勾配の掛瓦が多いと聞きました。




今年も残り少しですが、お仕事頑張って下さい。

by しんちゃん (2011-12-25 21:05) 

お洒落な屋根

しんちゃん> いやぁ?私も日々反省の毎日のお洒落な屋根です。(笑)
        今回の場合は、最終的仕上がりをイメージいたしまして、
        ぱっと見、直感で同勾配といたしました。
        降り棟も付くそうなので、利根地を微妙に変化させて、
        利根丸をビシッと!通せば、これで、いけると言う判断です(たぶん)(笑)
        今年も、残り少なくなっちゃいましたねぇ。
        しんちゃんも、お体に気をつけて、頑張って下さいね♪
by お洒落な屋根 (2011-12-26 07:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。